QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の報告通りだとすると敵はどこにでも現れる。一人になるのは危険だ

戦う司書 #15「少女と少女と神の寝床」 アニマックス マットアラスト役

これはまたなんというか、驚きの展開でした。いくらなんだってミレポのあのドレス姿は浮いてるんじゃないだろうか?いや、そんなことに驚いてるんじゃない。
神の為に幸福を生む家畜だって言ってましたよ、真人を。そもそもサブタイの神の寝床って何なんでしょう?ラスコールが神のベッドに家畜の幸福な本を届けるってことなのかなぁ。でもさぁ、神溺教団の真人たちって幸福かい?ちっともそうは見えないんだが、誰一人として。
神の寝床……文字通り眠り姫のように楽園やら天国やらで神が眠っているとか。いやいやさすがにもう神なんていなくて、寝床というのはつまり墓所や祭壇のことでそこへ捧げるという意味なのかも。

「神の石剣こそ我が実体」とラスコール=オセロ。過ぎ去りし石剣ヨルって公式サイトの追憶の戦機の中にないんだよね。それに7つの追憶の戦機の名は7つとも書かれてるし。あの石剣がバントーラなの?いや、違うなぁ、バントーラの為の剣てことか。過ぎ去りしだし。ラスコールのあの喋り方、姿が少女に変わっても時代がかった言い回しはそのまま。そこが好き。

なんかこんがらがってきた。と同時にちゃんと謎解いて終わってくれるのか心配になってきた。
だって面白いからさぁ。好きだから期待しちゃうんだよなぁ。作品ごと好きになれるのは嬉しいんだもん。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/806-0eacb2a6

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。