FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいまの曲は“シャングリラ”でした。続いて今週第9位にランクインしたのは“ベイビー・アイム・ユアー”

マディソン郡の橋(95年米)DVD ラジオDJ役 テレビの中の俳優役

クリント・イーストウッド監督・製作・出演、メリル・ストリープ主演。
アイオワの小さな町で農場主の夫と共に息子と娘を育て、平凡に生きたはずのフランチェスカ。彼女の遺言に疑問を持った息子と娘は、母に訪れた"永遠の4日間"を知る。

これは観る人の性別や年代によって、誰に感情移入できるかが違うんでしょうね。私は「フランチェスカ羨ましいーなー」と思いました。写真家キンケイドは"写真家"ってだけでアウトなんで、別にどうとも思わない……というより騙されるな!フランチェスカ!って思ってたのですが、農場主の夫が素敵。真面目で働き者で誠実で、妻を愛している。こんな素敵な人そうそういないですよ。フランチェスカは全てを手に入れたんですよ。これが羨ましくなくてなんだというのか。

キンケイドみたいな男性はね、離れてしまったから永遠にフランチェスカを想ってくれていたわけです。フランチェスカの選択は賢い。

さて、大川さんの役はどちらもラジオの中からとかテレビの中からの声。タイトルのセリフはDJのものです。テレビの方は喜劇映画(ドラマ?)みたいでしたね。それを観て夫がクスッと笑っているというシーン。
大川さん目当てではちょっとツライかもしれませんね。出番が少なすぎて。
心の隅に留めておいて、こういう映画が観たい気分になったらご覧ください。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1494-6a8d0225

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。