QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隕石が持つ力は想像を絶するはずなんだ、グレイストーク!なんとしても探索を続けなきゃ!

ターザン(2013年?米) DVD ジム・ポーター役

ラインハルト・クロース監督・脚本・製作。バローズ原作のターザンをパラマウントが新たに設立したアニメーションスタジオが製作。日本では劇場未公開かしら?一応カテゴリーは劇場版アニメに。DVDは今年発売になりました。レンタルで視聴。

ターザンといえば実写でもアニメでも何度も映像化されてる作品。なんで今更?という印象を抱きつつ見始めますと、いきなり関係ない映画が始まったかのような錯覚に陥ります。太古の地球に落ちた隕石??え?これSF?
そしてようやくグレイストーク夫妻やポーターなどが登場し、ターザンらしくなってきます。

私はあまり詳しくないですが今回のターザンは隕石を探し求めたポーターとそれを援助してくれたグレイストーク(貴族設定は出てこないので卿ではなく社長かな?)、そんな設定になってるようです。
もしかしたらですが、バローズの他のシリーズ(火星シリーズなど)と関連付けしようという試みがされてたりするんでしょうかね?どっちもディズニー映画が有名だったりするわけですが……考えすぎですかね(笑)
全然詳しくないからWikipediaとか見て火星シリーズってのがあの『ジョン・カーター』だって初めて知りました。

アニメーションは素晴らしいです。もはや当たり前みたいに素晴らしいです。ターザンの声は大きくなってからは高橋広樹さんでいいゴリラっぷりです。ナレーションが石丸博也さんでそれはいいのですが、脚本としてナレーション処理するのはちょっとアニメーションとしてはお粗末だと言わざるを得ません。原語でもナレ入りかどうか思わず音声切り替えて確認してしまいましたよ。

グレイストークの会社を引き継いでいる悪役クレイトンは森田順平さん。キャラクターの顔が少しホッチ(クリミナル・マインド)っぽくてニヤニヤしてしまいました。

大川さん演じるポーターは科学者で探検家というような人で、ターザンと恋に落ちるジェーンの父親です。隕石を探し求めてジャングルに住みついてしまっていて、今ではガイドなどして暮らしています。ずっと出番のある役ですから大川さん目当てでも満足できると思いますよ。大川さんにとてもぴったりな役柄です。オススメですよ。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1493-7963805d

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。