FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司令室!タービンのパワー回復しました!フラッド弁、修理成功!

クリムゾン・タイド(95年米) DVD ベネフィールド役 操舵手役 他

トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演。

原子力潜水艦の極限状態の中、叩き上げの艦長ラムジー大佐(ジーン・ハックマン)とエリートながら経験の浅い副官ハンター少佐(Dワシントン)の対立が起こり……というお話。

これはDVD版ですがテレ朝版にも日テレ版にも大川さんが吹替えで参加されてるそうなので、テレビ版の方も観てみたいです。

いやぁ、緊迫感のある内容で手に汗握りました。狭い潜水艦の中でただでさえストレスがかかるのに、核の発射という命令の最終確認が出来ないという重圧。それぞれが軍人らしく己の信じるように行動するわけですが、こうやって一つの船で命を預け合う状況で指揮系統が混乱するのは最悪ですよね。
よく出来てる。実に面白い。

ヴィゴ・モーテンセンやジェームズ・ギャンドルフィーニなども出ています。

これハンター少佐はエリートというかオタクっぽく描かれているのかなぁ?シルバー・サーファーとかスタートレックとかのネタで乗員のハートを掴んでいくんですよね。デンゼル様全然オタクっぽいイメージないのでちょっと不思議な印象なんですが。

大川さんはまずハンター少佐を基地まで送る車の運転をしている軍人役、シルバー・サーファーのことでリベティとケンカするベネフィールド役、操舵手役です。他にも乗員の声を演っているかもしれないですが、顔が確認できないので同一人物かわかりません。

テレビ版、BSとかもチェックしておかないと観られそうもないなぁ。全部観たい!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1480-2d69c2dd

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。