FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナターシャ・ビンターさん?実は悪い知らせがあります。お父さんの遺体が出ました

ハード・ターゲット(93年米)DVD ※フジテレビ版も追記  刑事役 ゼナン役 他

ジョン・ウー監督、ジャン・クロード・ヴァンダム主演。

行方不明の父を捜すナターシャはピンチを救ってくれた男チャンスを雇い協力してもらう。ここニューオーリンズでは人間狩りをビジネスにする物騒な組織が暗躍していた……というお話。

ジョン・ウーのアメリカ初監督作品だそうです。派手な銃撃戦、爆破、スローモーションの多用、鳩、二丁拳銃とまさにまさにのジョン・ウー節です。そしてヴァンダムのローリングソバット、後ろ回し蹴りなど華麗な足技もこれでもかという大盤振る舞い。
敵はランス・ヘンリクセン。陸橋から銃を構えるのがとてもカッコイイです。

吹替え音声聞きながら日本語字幕を出して見ていたのですが、人物の名前が結構テキトー。ブードロとかブドローとか、ビンダーとかビンターとか。

以前紹介したTOON GUIDE 7を読み返していたんです。声優としてのお仕事がどのへんから始まったのかというのを確認したい事案が発生しまして。『警察24時』みたいな仕事はもはや確認できないのでパス。その後大塚明夫さんが主演、ヴァンダムの映画で端役をやったと書かれていました。
ヴァンダムのWikipediaで古い方から確認していくとこの『ハード・ターゲット』が当てはまるんですよね。ただ今作がVHSで発売になったのが95年9月。フジテレビ版の吹替えが放送されたのが97年2月。どちらにも大川さんがいるのですが、ちょっと時期的に遅いかなぁとも思います。
当時は劇場公開で吹替え版が上映されるって無かったような気がするのですがどうでしょう?だとすればソフト化されるときですよね。
もしかしてテレビ版の吹替えでWikipediaに載ってない作品があるのかもしれず。

こういうことをグチャグチャと考えたり探したりするのも楽しいものでして(笑)。でも何か情報ございましたら教えていただけると嬉しいです!

なんにしても今作の大川さんの声は若いです!刑事役とゼナン役の他にもモブ的なものもありますよ。
フジテレビ版の吹替えもいつか見られたらいいのだけれど。


2014年11月5日追記
先日テレビ東京午後のロードショーでフジテレビ(ゴールデン洋画劇場)版が放送されたのでチェックしました。
主役のチャンス(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)はどちらも大塚明夫さんですがそれ以外のキャストは別の人になっています。
番組の時間的にフジテレビ版を更にカットしてる可能性があるのでその辺はあしからず。

大川さんの役はストライキのビラを配っている警官役。
それからチャンスの知人エライジャが逃げ惑い助けを求める通行人役。この人はエライジャを頭のおかしなホームレスだと思い「おっさん!まともに働けよ!」とあしらいます。
それから葉巻を咥え派手なシャツをきた手下役、Wikipediaにステファン(スヴェン=オーレ・トールセン)役と書いてあるのがこの手下かと思います。「もぬけのからだ、逃げやがった」というのがはっきりしたセリフ。あとはチャンスに蹴られたりして呻いてたりしますがその辺の声はわかりにくいですね。

とりあえずチェックできて嬉しいです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1474-b55b6993

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。