QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おい嘘だろ、あれ死体か?

プラトーン(87年米)テレビ東京版 ガードナー役 中隊少佐(オリバー・ストーン演じる)役 他

オリバー・ストーン監督 チャーリー・シーン主演
監督の実体験に基づきベトナム戦争を描いた作品。

この後『ハンバーガーヒル』や『フルメタル・ジャケット』『グッドモーニング・ベトナム』『カジュアリティーズ』などベトナム戦争映画が続いたのをよく憶えています。

貧しい者だけが戦場に送られることに疑問を感じ、周囲の反対を押し切って大学を中退し志願してベトナムにきたクリス・テイラー(チャーリー・シーン)。青臭い理想に燃えた新兵が、バーンズ(トム・ベレンジャー)とエリアス(ウィレム・デフォー)という正反対の存在から受ける洗礼はどのような影を人生に落とすのか。

ベトナム語通訳をしてる兵士役がジョニー・デップなんですね。全く気付かなかった。

今回(今年の5月4日ですが)BSジャパンで放送したのがテレビ東京版の吹替えで、他にはソフト版とテレビ朝日版があるようなのですが、大川さんはこのバージョンにしか出ていないのかな?
チャーリー・シーンが堀内賢雄さん、トム・ベレンジャーが山路和弘さん、ウィレム・デフォーが森田順平さんです。

大川さんの役ガードナーは、冒頭で最初に喋る役。戦闘中もいるのですがそこではセリフはありません。他にも無線の音声にたまに大川さんがいるような。あとオリバー・ストーン監督本人が演じる中隊少佐がワンシーン出てくるのですが、それも大川さんでした。

ベトナム戦争を描いた映画の中でもこれは特別ですね。いろいろなことを考えさせられる作品です。

コメント

記事を拝見し、オリバー・ストーン監督とそのシーンの大川さんボイスを聞き逃していた為、先日BSジャパンで深夜に放送された物を録画して見返しました。拝見していなかったら聞き逃すところでした~ありがとうございます♪
余談ですが、エリアスがベトコンに追われるシーンがめちゃくちゃ怖かったです…

Re: タイトルなし

本当だ、年末にも放送されたんですね(^^)
私はチャーリー・シーン演じた彼みたいな善良な青年さえ飲み込まれてゆく狂気みたいな、あの村を調べるシーンが本当に怖かったですね
コメント有難う御座います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1463-478a631d

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。