QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつて人類は臨海地域に集っては獣をかたどった帽子のユーモラス自慢を行ったとか

D23expo Japan 2013 ディズニー・チャンネル文化祭 高密度映像をスクリーンで!イモニトロン・ナイト 2013年10月14日(月・祝) 司会・荻原秀樹 出演・荒川航 川庄美雪 大川透

無駄に長いのはいつものことでごめんね。
分けて投稿します。その2はこちら。
ファイアボールチャーミングのことなどはこちらのカテゴリにまとまっています。

私にとっては本命にして唯一の目的であるイモニトロン・ナイト。シネマ・イクスピアリのスクリーン3でファイアボールチャーミングを観たり、監督やキャスト登壇のイベントです。キャパは150席。

先ずはトロン・ライジング序章の上映。アニメ。字幕。30分くらいあったと思います。

そしていよいよやっと!画面は変わり始まります。
世界がどれほどの悲しみに満ちていても「我々は全ての攻略法を知っている」ファイアボールと名付けられたその世界で。

「お嬢様、舞踏会のお時間です」と聞き慣れた声。
客席から見て左前方の扉よりゲデヒトニスを演じながら大川透登場。そして右後方からはドロッセルを演じながら川庄美雪登場。
早速の書き下ろしショートストーリーです!
会場狭しと雁首揃えた人類の前でエポキシはスタート。

司会はファイアボールには縁もゆかりもない声優の荻原秀樹氏。
そしてキング・オブ・ハイペリオン、荒川航監督を呼び込みます。
「ジャンガリア~~ン」との雄叫びと共に登場した監督は、頭にはオズワルドの被り物、手にはトロンの円盤型武器(?)を持ちノリノリなご様子。
トロン関係ないでしょ?と訊かれ
「ビタイチ関係ない」と監督。
「変わった形の石の話でもしましょう」とか言い出す始末。さすがファイアボールの生みの親。

数々の予選を勝ち抜いたイモニ超人である我々にとっては、このような珍妙さはユリイカ!よし来た!というようなものでございます。

ゲデヒトニスは初めから大川さんを想定して書いていたという監督。大川さんの声があまりに好きすぎて、ドロッセル僕でいいかなと思ったんだけどやってみたらあんまりお嬢様に聞こえないんでやめたと。
やってはみたのかという点に爆笑する大川さんとイモニ超人たち。

ファイアボールはアニバーサリー・イヤーなんですよねと振る司会に「はい、悪魔のいけにえ40周年」と監督。
「おお~!もう40年経ちますか」と大川さん。大「The Texas Chain Saw Massacreですよね」荒「追いかけられ続けて40年です」悪魔のいけにえの話はまた今度にしてくださいと司会に言われて残念がる二人。
監督「チェーンソーナイトを!」大川「いけにえナイトを!」

2008年4月放送開始なので5周年なんですって!ヤッタネ!
「石の上にも三年、何もしなくても5周年」と言う監督に「何もしてないことないでしょ?」と司会。
「主に柿ピーの柿部分とピー部分を選り分けて暮らしてまして」本日の監督お気に入りフレーズ。

2006年に企画を立てても放送されるかどうかもわからないまま、タバコの箱で傘を作ったり輪ゴム鉄砲を作ったりする部活のようにやってきて、皆さんに発見されたという感じだとか。ユリイカ!

華麗なるハイペリオン式質疑応答のコーナー
事前にTwitterで募集され集まった質問。ハガキにしたら森をひとつ消滅させるほど来たのでエコ的にはTwitterで良かったと監督。

好きな寿司ネタの話(監督はビンチョウトロ。川庄さんはねぎトロとイクラ。大川さんはコハダにガリをつけるのが好き)。
収録スタジオの匂いの話(アリクイの匂いがする日とコンソメの匂いがする日があり、混ざって香ばしいアリクイの匂いになる日もあると監督。深海から湧き出ている温水の周りにたかってるエビみたいな匂いと大川さん)
ファイアボール普及のためのキャッチコピーを考えろとの大喜利。
颯爽と手を挙げた監督の答えは「大丈夫、一話二分、嫌いになる前に終わります」
その流れで大川さんも挙手「僕のことは嫌いになっても、FBのことは嫌いにならないでくださいっ!!」
ならばと川庄さんも「いつ見る……やめます」寸止め。「明日ですよ」と監督。戸惑う川庄さん。

気を取り直して川庄さん「ディズニー新喜劇」一瞬静まり返った後ほほう…と納得の客席。

テンペストの塔には他にどんな施設がありますか?との質問から唐突に朗読寸劇へ突入。
聞いてないよ!と司会者。

この時挙がった施設を挙げ連ねると、大浴場、仮眠室、のれん街、ふれあい動物園、あるいはふれ合わない動物園。ドロ「とんだ毛むくじゃら」ゲデ「むくじゃら!」


引き続き質疑応答。
これは酷いと思ったセリフは?とか印象に残ったシーンは?とか。

最も難解だった監督の要求は?との質問に大川さん
「これなんなんですか?質問しても半笑いで『あんまり意味はないです』それで全部済まされてるんですよ」
監督「まぁまぁその辺はアレですよ、魚心あればソレ心」
大川「ね?これですよ」

そして何かの質問の折りに唐突に監督によるメンバー紹介が始まる。
「メカニカルデザイナー、柳瀬敬之(やなせたかゆき)!」みたいなノリで。客席に散っていたクリエイターにスポットが当たるのです(笑)
「2階席のみんな~!!」じゃねぇよ!大川さんもイエ~イじゃねぇよ!私等もフゥ~!ってなんだよ!

続くよ!

※以下に自分のためのメモを残します。畳んでおきます。



当日は朝8:30開場。
8:42 シネマ・イクスピアリ横のディズニーストア横に設けられた待機列用スペースに到着。係の方に待ち合わせしてる友人がまだきてない旨伝えると「合流してから並んでください」とのこと。
9:00前には友人と合流。首から下げたチケットに目印のシールを貼られ、横入り防止の番号札を渡され待機列へ。ちなみに50番目。

いい天気。

少し傾斜した地面に直接座って待つことに。天気もよく日傘が欲しくなる感じ。UVカットのパーカーを来ていったので頭からフードを被った。周りの人は結構レジャーシートや折畳みイスなど用意されていた。雑誌か新聞紙でもあれば助かった。お尻が痛くなる。体育座りが楽にできる服装が良い。
飲み物とパンなどの軽食、栄養ドリンクをコンビニで買っておいて良かった。

11:00過ぎ 待機列は屋内へ移動。シネマ・イクスピアリのフロア一角をパーテーションで仕切ったスペース。日差しを避けられるだけでも助かった。

列を離れる人はスタッフに申請し、券をもらい15分以内に戻ること。戻った旨またスタッフに報告。後に15分では短いとの意見を受け30分に変更。基本的には列を離れてはいけないというルール。
私と友人も交代で30分ずつ休憩した。トイレに行ったりファイアボール一番くじを買ったり。

昼頃には待機列締め切りになった模様。

しかし発券される時間は16時。他に何も見て回れないことなどの不満をスタッフに訴える人がチラホラ。
それを受けて協議がなされ、発券を14:30に繰り上げることが決定。拍手おこる。

初日『フィニアスとファーブ今日はパーティで決まりだ!』という声優登壇イベントが9時前には待機列締め切りのツイートがなされたことで、私たちもビビってしまったところがあります。
この初日のイベントはそもそも2回あり、その両方の発券時間が9時だったので早くて当然だったのですが。
でもお目当てのイベントを見られないなんてことになるくらいなら、できるだけ早く並んでしまえホトトギス……でした。
スタッフの方々もきっと色々と想定して対処してくださっていたと思います。
事故が起こらないように、楽しんでもらえるように、公平さを保てるように。

スタッフの方々は舞浜の駅前からずーーっと、どこに行っても笑顔と挨拶で素晴らしい対応でした。
友人がバッグを落としてしまったときも、時間ギリギリで走りこんだ映画館でも。

出来ることなら整理券方式にして、時間になったら並びに戻るというのが良かったかなぁとは思います。私なんかはこのイベント一本が目的なのでいいのですが、他の演目などを楽しみたい人も居たでしょうし、中をぶらついてお金を使うことも出来たでしょうし。

そもそもA~Fまでのチケットが分かり難かったですね。
ファイアボール公式Twitterさん(@disneyfireball)が折々に分り易くまとめてくれて本当に助かりましたが、これはもし次があるなら全体に分り易くしてもらえたらと思います。

でも当日でき得る範囲で最大限のことはしてもらったなぁという印象です。
本当に楽しい一日でした。ジャンガリア~~ン!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1454-77178f48

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。