QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや、私が卑怯だった。決闘というものは名誉と礼儀が大切なん…だッ!!(殴る)

カリフォルニケーション3 #11「出会いと別れ」 FOX ステイシー役

カレンからフェリシアとの食事に誘われたハンクは、ベッカも連れて3人で向かう。するとそこには例の鉢合わせした女性たちが全員待ち受けていた。ハンクを肴に吊るし上げようという会なのか!?チャーリーが若い女とヤッてるところに出くわして少しだけ複雑なマーシー。しかしこの二人の家がついに売れたと電話がはいる。

フェリシア、助手の彼女(ちょっと名前がわからない、すみません)、ジャッキー(生徒)、そしてベッカの母親であるカレンに突っつき回されるハンク(笑)。そこへ現れた作家のリチャード・ベイツは、以前このステイシー邸のパーティーでスッポンポンになった変態オヤジなんですが、なんとカレンが学生の頃に教わった先生。勿論体の関係も。昔話に花が咲く二人に内心穏やかじゃないハンク。そこへ戦争オタクの会から酔っ払ってご帰還のステイシー(笑)。ハンクに決闘を挑みます。面白がってお膳立てする妻フェリシア。

アメリカのドラマには時々出てくる"戦争オタク"。主に南北戦争やもっと古いアメリカで実際にあった戦争などを、ジオラマで再現したり、コスプレしてサバゲー的なことをしたりもする人たちみたいですね。今回のステイシーもしっかりと何かの軍服に身を包んで、クラシカルな銃を持っていたりします。お金がないと出来そうもない贅沢さなのは、大人オタクの世界共通です。
決闘と言っても勿論空砲なのですが、あの時代の銃は空撃ちも多くて、そのへんは萩尾望都さんの名作漫画「ポーの一族」での決闘場面でも見たことがありますよね~。

散々みんなに弄ばれたハンクですが、これで何やら収まるところに収まりそうな気配。フェリシアもステイシーのところに戻る気配。そんなフェリシアが最後に「あなたって最高に最低」ってハンクに言います。これがよく分かる……というか過去に同じセリフを言った覚えのある私は、このくだらないサイテーなドラマを否定できないなぁという気分になりました。

うん、まぁ、大人には色々あるもんだ。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1450-37fcdf4d

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。