FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その通りでございます。テスが居なければ大変な目にあわれていたかもしれません。この度の件でテスは当初より奔走し、最後まで世孫様をお守りしました。本当に、よくやったぞ、テス

イ・サン #26「救いの銃弾」 NHK総合 ナム・サチョ役

儺礼戯(ナレイ)での世孫暗殺計画は、花火を使ったものだとグギョンは気付く。しかし許可証がなく宮殿への出入りを許されない。グギョンはイチョンの助けを借りて、なんとか宮殿に潜り込み、テスにそのことを伝えるのだが。

いよいよ始まった儺礼戯(ナレイ)。これは大晦日の行事らしいですね。追儺(おにやらい・ついな)のことみたいです。元々中国から伝わったもので、日本でも平安時代を舞台にした物語などでは見かけますよね。

テスが咄嗟の機転をきかせて事無きを得ましたが、危ない橋でした。誰かに当たって殺してしまったかも知れないんですから。しかし、ナム内官はテスを褒めるときは本当に嬉しそうです。
グギョンはこれを機に敵対勢力を一掃しましょうと言っていましたが、フギョムにとってもチャンス到来。たまたまの事故なのか花火で怪我をしたのはファワンと世孫の弟宮だけだったので。これを利用して世孫を陥れようと画策します。グギョン対フギョム再び!?

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1443-c8eb663e

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。