FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


台本を持ち込んじゃダメだよ、機械から目を離すな、いいね?

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年丁)DVD ノーマン役

ラース・フォン・トリアー監督、ビョーク主演。2000年カンヌ映画祭パルムドール受賞作。
これはDVD化されてすぐに観ましたが、大川さんが吹替えしているというので久しぶりにあらためて観ることに。

この映画はよく「自分はミュージカルが嫌いだけれど、このような手法でなら受け容れられる」と言われます。当時私もそう言いました。同じ意見をよく見かけました。だから「ミュージカルってなんで急に歌ったり踊ったりするの?」って方には是非オススメします。ちなみに私は今はミュージカル大好きなんですけどね。

アメリカに移民してきたシングルマザーのセルマ(ビョーク)、貧しくとも仕事があり友人がいて親切な隣人がいて、アマチュア劇団では『サウンド・オブ・ミュージック』のマリア役を配役される。少し自分に気のある優しい男性がいるけど、今はそれどころじゃないの……ほら、彼女はとても幸せ。

とにかくビョークが素晴らしい。これ彼女じゃなかったらもっと陰鬱な印象が増したでしょうね。そしてカメラも色彩も自然で美しいです。あとビョークの吹替えは玉川沙己子さん。これがまたいいんですよ。

大川さんの役はノーマン。セルマとキャシー(カトリーヌ・ドヌーブ)が働く工場の責任者。私好みの頭の薄いハンサムです。出番はちょこちょことありますよ。

人はみな無明の闇の中をゆくものなのかもしれません。息の詰まるような現実を、一時の輝くような夢に逃げ込んでなんとか凌いでいる。……やっぱり見終わった後は気分が落ち込む映画なので(笑)気力の充実したときに観ることをオススメします。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1264-c36766b3

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.