FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月15日4時17分、俺はこれから起こることを全て記録しようと思う。

屍鬼 第悼と死話 フジテレビ 尾崎敏夫役

看護師の雪が行方不明になった。安森徳次郎は亡くなった。静信は父から桐敷正志郎宛ての手紙を預かる。尾崎敏夫は妻・恭子が死んだことを隠し、おきあがるかどうか一人観察を続けていた。

雪を心配してる聡子は、美人なのにまともな髪型という外場村では貴重な人材。大川酒店の息子・篤は何度見てもキン肉マンに似てるよね。久しぶりに登場の桐敷の奥様の服装(笑)。光線銃でも持ってないとおかしいだろ。そしてなぜかセクシー担当のやすよさん。無駄にセクシーです。

今回は辰巳出てなかったような気がするんだけど、エンドクレジットに名前があった。あれ?見逃してる?

さて、何と言っても今回は敏夫の実験ですよね。おきあがり、麻酔効かないんだね。可哀相に。いや、もうなんとも凄まじいことをしていました。淡々と作業していく敏夫が怖いのは言うまでもないですが、最後に静信に「片付けるのを手伝ってくれ」と言う口調の静かさが一番ゾッとしました。

こんな凄惨な回なのに、学生時代の静信と敏夫なんていう萌え爆弾があったりして。もういろんな意味でインパクト大な回でしたよ。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atoyuki.blog7.fc2.com/tb.php/1153-fbd9350f

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。