QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番槍に拘らなくてなんの武士(もののふ)でござろう!!

オジサマ専科スペシャルリーディング 異聞 真田丸戦記~忍び、最後の日~(2015年10月3日)IMAホール 前田利常役

光が丘IMAホールで行われた超豪華出演者による朗読劇に行ってきました。

磯部勉  (後藤又兵衛 役)
神奈延年 (大野治長 役)
郷田ほづみ(真田幸村 役)

内田夕夜 (霧隠才蔵 役)
大川透  (前田利常 役)
小山力也 (服部半蔵 役)
中田譲治 (徳川家康 役)

オジサマ専科vol.10『籠城幻夢』の3人(磯辺さん、郷田さん、神奈さん)はそのままの役で、他の4人はこのための新たな役での出演です。
朗読劇とはいえ、初っ端はいきなり会場中程の左右の扉から演者が登場し、台本を持たずに演じるという幕開け。忍び役のお二人は場内を移動して客席を大いに沸かせます。
衣装も忍装束、直垂(ひたたれって言うんですって!リサさんありがとう!)帯刀という凝った演出。神奈さんだけが烏帽子を被っておられました。この写真は出演者やドン・マッコウさんのTwitterなどにアップされていました。

内容は硬派な時代物。中で笑いの要素は主に忍びコンビと大野治長役の神奈延年さんが担当。徳川家康である中田さんや前田利常の大川さんは敵対勢力なので、緩めることなく緊張感を維持します。

※気をつけてください!うちは大川透を愛でるブログなので基本大川さんのことばかりですよ!

全員が並んで朗読するのではなく、場面によって2、3人の方が舞台にいるという感じ。
大川さんはマイク前に移動するのも舞台からはけて行くのも、姿勢が美しくてうっとりします。本当に素敵。ああもう大好き。
時代劇の歩き方をなさってたんだと思いますよ。ああもう大好き!

朗読劇が終わり出演者が締めの挨拶に壇上に戻って来るとき、大川さんはそのまま袖にはけて行こうとして神奈さんに「どこ行くの?どこ行くの?1回もボケられなかったからボケたいの?」と言われていました(笑)神奈さんが進行役で隣りに大川さんが居たので、二人はよく顔を見合わせて笑っていて微笑ましかったです。
先程までのキリリとした所作は何処へやら、大川さんはテトテト歩いて、片袖をふりふりしてその愛くるしさで我々のハートを撃ち抜きます。必殺です。
オジサマ専科では一番年下の人が司会進行をやると神奈さんが仰って客席の反応の薄さにツッコんでました(笑)
抜刀して刀を鞘に納められなくなった中田譲治さんを力也さんや近くの人達が囲んでわちゃわちゃと納刀させようとしてるのを見て「(刀の向きが)逆さま!逆さま!逆さまなの!いたずらしないの!(郷田ほづみさんの)話の途中なんだから!」と大川さんが注意していて大層なごみました。

大川さんは「ただでさえ先輩方と一緒にやれるっていう機会なかなかないから凄く嬉しかったのと、オジサマ専科のCDのシリーズの中でもぉ(語尾上げ)僕の中の第1位なんですよ、この時代劇。いいなぁ!時代劇いいなぁ!って言ってたらぁ(語尾上げ)なんと呼んでいただけまして。本当に有難うございます。すごく楽しかったです。あのぅ、たぶん(語尾上げ)CDになると思うんだけどぉ(語尾上げ)まぁまぁそれは置いといてですね、またこういう機会がありましたらまたよろしくお願いします!」
この(語尾上げ)!!女子か!?女子高生か!?という喋り方です。悔しいぎゃわいいいい!!!なんなの?もう!演じているときのあの前田利常のよく通る血気盛んな武士としてのあの声、ゾクッとさせる笑い声!それとの落差これなんなの?すっごいわ!だからたまらないんです、大川さん、大好きです(告白)はぁあ、もう本当大好きです!
スポンサーサイト

我々専門家からすれば嘘を見破る方法は幾つもある。たとえば探偵小説なんかにもよく書かれてるが、口調が硬くて不自然だとか、身振りや手振りがロボットみたいだったり、やけに大げさだったりする

シンプル・プラン(99年米) DVD版 町の人役 ニュースキャスター役 バーカウンターの男役 FBI捜査官役

サム・ライミ監督作品
以前午後のロードショーでも見ましたが今回BS日テレで放送されたのであらためて視聴。吹替えはビデオグラム版のみ。

とある雪深い田舎町に妊娠中の妻と暮らすハンク(ビル・バクストン)は、ある日失業中の兄ジェイコブ(ビリー・ボブ・ソーントン)とその友人のルーと墜落した自家用機を発見する。その中にあった440万ドルの現金が彼らの運命を狂わせてゆく。

これねぇ、誰に感情移入するかですよ。
最初のうちは兄貴ばか!余計なことすんなよ!とか、ハンクの立場で振り回されてハラハラするけど……ですよね(ネタバレ回避)
人間ドラマなんですよねぇ。

さて記事タイトルに選んだのはFBI捜査官役の大川さんの台詞。もっとこの後長く続くのですが、ネタバレになるのでここで切りました。
他の役、町の人役というのはかなり最初の方でハンクに挨拶の声をかける人。ニュースキャスター役というのは事故のリポートをする女性の中継をスタジオで受けるアンカーマンです。バーカウンターの男役はトイレに行こうとするルーとケンカになる男です。そしてFBI捜査官役です。一番喋るのはこの役ですね。

数人で何かを発見する。秘密を共有する。永遠に全てが変わってしまう。
魅力的だし、そこに配置するパーツ次第でいろいろできそうで本当に面白い仕掛けだなぁと思います。

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。