QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隕石が持つ力は想像を絶するはずなんだ、グレイストーク!なんとしても探索を続けなきゃ!

ターザン(2013年?米) DVD ジム・ポーター役

ラインハルト・クロース監督・脚本・製作。バローズ原作のターザンをパラマウントが新たに設立したアニメーションスタジオが製作。日本では劇場未公開かしら?一応カテゴリーは劇場版アニメに。DVDは今年発売になりました。レンタルで視聴。

ターザンといえば実写でもアニメでも何度も映像化されてる作品。なんで今更?という印象を抱きつつ見始めますと、いきなり関係ない映画が始まったかのような錯覚に陥ります。太古の地球に落ちた隕石??え?これSF?
そしてようやくグレイストーク夫妻やポーターなどが登場し、ターザンらしくなってきます。

私はあまり詳しくないですが今回のターザンは隕石を探し求めたポーターとそれを援助してくれたグレイストーク(貴族設定は出てこないので卿ではなく社長かな?)、そんな設定になってるようです。
もしかしたらですが、バローズの他のシリーズ(火星シリーズなど)と関連付けしようという試みがされてたりするんでしょうかね?どっちもディズニー映画が有名だったりするわけですが……考えすぎですかね(笑)
全然詳しくないからWikipediaとか見て火星シリーズってのがあの『ジョン・カーター』だって初めて知りました。

アニメーションは素晴らしいです。もはや当たり前みたいに素晴らしいです。ターザンの声は大きくなってからは高橋広樹さんでいいゴリラっぷりです。ナレーションが石丸博也さんでそれはいいのですが、脚本としてナレーション処理するのはちょっとアニメーションとしてはお粗末だと言わざるを得ません。原語でもナレ入りかどうか思わず音声切り替えて確認してしまいましたよ。

グレイストークの会社を引き継いでいる悪役クレイトンは森田順平さん。キャラクターの顔が少しホッチ(クリミナル・マインド)っぽくてニヤニヤしてしまいました。

大川さん演じるポーターは科学者で探検家というような人で、ターザンと恋に落ちるジェーンの父親です。隕石を探し求めてジャングルに住みついてしまっていて、今ではガイドなどして暮らしています。ずっと出番のある役ですから大川さん目当てでも満足できると思いますよ。大川さんにとてもぴったりな役柄です。オススメですよ。


スポンサーサイト

ただいまの曲は“シャングリラ”でした。続いて今週第9位にランクインしたのは“ベイビー・アイム・ユアー”

マディソン郡の橋(95年米)DVD ラジオDJ役 テレビの中の俳優役

クリント・イーストウッド監督・製作・出演、メリル・ストリープ主演。
アイオワの小さな町で農場主の夫と共に息子と娘を育て、平凡に生きたはずのフランチェスカ。彼女の遺言に疑問を持った息子と娘は、母に訪れた"永遠の4日間"を知る。

これは観る人の性別や年代によって、誰に感情移入できるかが違うんでしょうね。私は「フランチェスカ羨ましいーなー」と思いました。写真家キンケイドは"写真家"ってだけでアウトなんで、別にどうとも思わない……というより騙されるな!フランチェスカ!って思ってたのですが、農場主の夫が素敵。真面目で働き者で誠実で、妻を愛している。こんな素敵な人そうそういないですよ。フランチェスカは全てを手に入れたんですよ。これが羨ましくなくてなんだというのか。

キンケイドみたいな男性はね、離れてしまったから永遠にフランチェスカを想ってくれていたわけです。フランチェスカの選択は賢い。

さて、大川さんの役はどちらもラジオの中からとかテレビの中からの声。タイトルのセリフはDJのものです。テレビの方は喜劇映画(ドラマ?)みたいでしたね。それを観て夫がクスッと笑っているというシーン。
大川さん目当てではちょっとツライかもしれませんね。出番が少なすぎて。
心の隅に留めておいて、こういう映画が観たい気分になったらご覧ください。

あの野郎もう勘弁ならんわい、わしらの親分サツに売りよった仕返しじゃ。寝込みを襲うたるんや。鉛の弾しっかりブチ込んだれ、しくじるなよ

友へ チング(2001年韓) DVD 不良学生役 ジュンソクの仲間のヤクザ役 オカマのママ役 ボーイ役 刑務所の面会受付役

クァク・キョンテク監督作品。

ヤクザの息子ジュンソク(古田新太)と葬儀屋の息子ドンス(檀臣幸)を中心に、真面目なサンテク(置鮎龍太郎)、お調子者のジュンホ(小野坂昌也)らの4人の少年たちがやがて成長し辿る運命と友情の物語。

DVDレンタルで見たのですが吹替えが通常版と関西弁版の2種類収録されています。大川さんが演じてるのは関西弁版だとT.O.STATION 大川透情報局様にありましたので通常版は見ないよ?見ないよ?

置鮎さんは通常・関西弁どちらも同じ役を演じてますが、他は別の人が演じてるんですね。古田新太さん上手いんですよね。先日『ワンピース“3D2Y”エースの死を越えて!ルフィ仲間との誓い』でもびっくりしたんです。ちなみに大川さんがセンゴク役だから見たんですけどもね。
そして関西弁の小野坂さんののびのびしたお調子者っぷりに笑います。

大川さんの役『不良学生』はローラースケート場でジンスクに絡んでくる学生で、その後映画館のトイレで再会しまた乱闘になる役です。他はまぁ説明はいらないそのまんま。
記事タイトルに選んだのは仲間のヤクザのセリフ。オカマのママの「いやぁん待ってました!うちあれ大好きなんよ」と迷ったんだけどね(笑)

映画は切ない話なんですが、色んなタイプの大川さんが聞けて楽しかったです。

親旧(チング)を繋いでいたのはジュンソクだったんですよね。

何考えてんだよお前は!人の車ガーンやっといて!スイマセンてオイ!!テメエ誰だよ!オラ!

ファイナル・ロマンス(2002年香港) DVD 車を蹴られて怒る男役 弁護士役 ビクター役 ジーンの父の部下役 他

アラン・マック監督作品。
日本の湯沢を舞台にしたラブストーリー。だから多分字幕で見るとたどたどしい日本語のセリフがいっぱい出てくると思われます。『進ぬ!電波少年』で有名になった朋友(パンヤオ)のチューヤンが湯沢の温泉宿の亭主ノロ役でガッツリ出演しています。

内容はこれといって言及する気もおきない他愛のないラブストーリー。

大川さんの役はまずヒロインである心臓病を抱えたお金持ちの令嬢ジーンの親友のフェイに車を蹴飛ばされて怒る男(説明長いわ)。ギャーギャー怒ってますが「スイマセンじゃねぇんだよ(ペッとつばを吐き)バカ!」とか言ってまぁ、可愛げのある大川さんの演技によってコミカルさが表現されてます。最も長いセリフを喋るのはこの役でした。
それから警察に連行されたディク(ヒロインと恋に落ちる整備士)を迎えにくる弁護士役。
ジーンの婚約パーティーで次々とダンスを踊る婚約者の友人の一人がUCLA卒のビクター役。みんな代わる代わる学歴と名前を言うんですよ(笑)。
そして電話でジーンの父からディクを始末しろと命令される部下の役。
他というのはノロの息子が行方不明になって捜索に向かうときに聞こえるガヤの中にバッチリはっきり大川さんがいるのでそれのことです。宿の宴会にも居るかなぁ?と思いますがコチラは自信がないので。

私は“友だち以上”だ、よろしく。やはり家具はこのまま置いていくことにするよ

サタデー・ナイト・フィーバー(77年米) DVD DJモンティ役 ジェイ役 他

ジョン・バダム監督作品。主演 ジョン・トラボルタ。

19歳のトニー(トラボルタ)は塗料店で働き、週末はディスコで踊り明かすだけの日々を過ごしていた。ビージーズの楽曲にのせて生々しく描かれる青春群像。

有名な作品ですが見たことはありませんでした。フィーバーするトラボルタのファンションやダンス、ビージーズの曲などは知っていたのでなんとなく見たような気になってましたが、思っていたのとは全然違いました。コンテストで栄光を掴むみたいな話かと思ってたんですよね。
でも、そんなスポ根的話ではなく(いや、そういう話も大好きなんですが)もっともっと生々しくヒリヒリするようなリアルな内容だったんですね。

ブルックリン橋を渡れば華やかでパワフルなマンハッタン。でも橋のこちら側のブルックリンはトニーたちの暮らす庶民的で猥雑な街。
トニーに想いを寄せるアネット、ステファニーに想いを寄せるトニー、みんな追いかければ逃げられてという感じですが、ステファニーだって背伸びしてるだけの愚か者の一人で、それは可笑しくて悲しい人間模様です。

人種差別やゲイ差別、言葉遣いなども当時のリアルを描いているのだと監督コメンタリーでとても感じました。トニーがブロウジョブという言葉を使ったとき客席が凍りついたとか。

2003年にDVD化されたのかな?その時新録された吹替えに大川さんが居ます。主人公トニーは三木眞一郎さん。

まずトニーの働く塗料店の客役、トニーの仲間にからかわれるゲイカップルの片割れ役、敵対するバラクーダの男役などがちょっとした他の役です。
DJモンティ役はトニーが通っているディスコのDJで、実在の有名なDJ本人だそうです。モンティ・ロック三世という人。監督コメンタリーによるとDJシーンでのセリフは自由にやってもらったんだとか。
それからジェイ役、こちらは記事タイトルのセリフに選んだ人。ステファニーの元恋人。年上の業界人。トニーには偉そうに業界の自慢話をしていたステファニーですが、ジェイの前では対等には扱われていない様子。ジェイにとってステファニーは知的な会話を楽しむにはまるでもの足りない若い女の子に過ぎないといった感じでした。

大川さんの出番も多いし、ある時代を濃厚に切り取った作品として見ておいて損はないんじゃないかと思います。

ジョーよせ、場所をわきまえろ。それにちょっと早すぎねぇか?

ドーベルマン(1997年仏) DVD ヤンの伯父貴?役 ルナール3役 バイクの警官役 タクシー運転士役 オカマの売春婦役 他

ヤン・クーネン監督 ヴァンサン・カッセル主演
個性的メンバーのドーベルマンという強盗団とタガの外れたクリスチーニ警視の死闘を描くバイオレンスアクション。

悪趣味で際もの系の内容でWikipediaにはタランティーノに影響を受けて監督が撮ったと書かれてるんですが、画や音にこだわり抜いて作ってこそのジャンルなはずなのにその辺全然ダメでセンスの欠片も感じられないのが残念なところ。悪趣味さをワッハッハと笑いながら楽しめる人もいるのでしょうが嫌いです、私は。緊張感とメリハリが無さすぎる。

主役のヤン(ヴァンサン・カッセル)の吹替えをダイヤモンド☆ユカイさんがやっているのですが、特にストレスも感じません。上手いとは言いませんが内容とはつり合ってます。
モニカ・ベルッチが耳の不自由な美女の役で、ヤンの恋人でドーベルマンの一味なのですが、この人本当に何演らせてもエロくて素敵です。

さて大川さんの役。
ヤンの伯父貴?役は赤ちゃんのヤンの洗礼式にいる兄弟の兄貴の方。記事タイトルのセリフに選んだ人です。
ルナール3役は警察の尾行チームの人。ルナール1とか2とかもいます。これは無線音声なので他の警官と同一の役なのかが判断できないので別としてカウントしています。
バイクの警官役、手榴弾で頭を吹き飛ばされる警官です。
タクシー運転士役はそのまま。オカマの売春婦役もそのままです。

以上です!

風が強く吹いてる、降下エリアはかなり小さくなりますね。任務遂行は困難です

フルメタルポイント(2001年米) DVD ローランド役 トニー・モラン大尉役 

ブライアン・トレンチャード=スミス監督作品。

相棒にはめられて刑務所に入っていた元DEA捜査官ブレイクは、出所して自分をおとしいれた元凶ラーキンを追ってオーストラリアへ。元CIAのラーキンは過激派の環境保護活動家グループと行動を共にしているが目的は別にあった。

すっごいよくあるアクション映画あるあるネタ満載な感じの映画です。あるある!あるあるある!って感じです。
有名な俳優さんとか一切出てこないんですが、そのわりには楽しめるかな?

大川さんの役、こういった作品での脇役としては珍しく役の名前が書けて嬉しいです。
ローランド役は環境保護活動家の皮を被ったテロリストの一人で最初の核処理施設で死んでしまう役。ラーキンが「ローランド!!」と呼んでくれたので名前がわかりました。
トニー・モラン大尉役は政府の側の部隊隊長。政府のなんか交渉に当たってる責任者のおじさんのアシスタントの女性クリスティンと結婚してる人です。記事タイトルに選んだセリフがこの人です。

以上でっす

警察だ!手をあげろ!(躓いて転ぶ)うわぁあ(銃撃を受ける)逃げるんだ早く!

ビバリーヒルズ・コップ3(1994年米) DVD 転ぶ刑事役 看守(ジョー・ダンテ)役 警備員役 偽札を刷る手下役 

ジョン・ランディス監督 エディ・マーフィー主演
自動車盗難の一味のアジトへ乗り込んだアクセル・フォーリー(Eマーフィー)たち。しかし居合わせた別の犯罪者らの手によってトッド警部が撃たれ殉職していまう。犯人の顔を見ていたフォーリーだが、その犯人はFBIの捜査対象なので邪魔をするなと外されてしまう。自力で犯人を追ううちにあるテーマパークが関係していると突き止めるのだが。
エディー・マーフィーのコメディアクション3作目。

今作はなんか豪華な顔触れがカメオ出演してるらしいのですが、ジョージ・ルーカスは顔もわかってるしハッキリ映るので分かりましたが他の方々はちょっと分からなかったです。看守役がジョー・ダンテで吹替えが大川さんだというのでもう一度よく見直してみましたが、ダンテ氏もまだお若いからなのか「あれ?こういうお顔でしたっけ?」という感じでした。

大川さんの役は、冒頭の自動車盗難一味のアジトに乗り込む捜査チームの一人、倒れている敵に躓いて転ぶ黒人刑事です。これが今回の記事タイトルのセリフを言う人。
それからジョー・ダンテ演じる看守役。セリフもちゃんとある役です。
あとはテーマパークの警備員役。
そして偽札を刷るよう命じられる手下役です。

このソフト版はエディー・マーフィーの吹替えを江原正士さんが演ってるバージョンです。テレ朝版が山寺宏一さん、フジテレビ版が下條アトムさん。アクセル・フォーリーは富山敬さんの印象があるなぁと調べてみたら、1作目の吹替えがそうだったみたいです。

そうか、卯之助の奴がなぁ ひでぇ目にあったなぁ。まぁ、ここに居れば大丈夫だ、安心しな。俺たちゃあ同じ仲間じゃないか

世にも恐ろしいグリム童話 日本昔話(2000年日本) DVD ビデオ店の客役 医者役 男A役 番頭役

増井壮一監督(グリム童話、日本昔話共に) 音響監督 岩浪美和(日本昔話のみ)

DVD化されたのは2009年みたいでレンタルできます。グリム童話の方には大川さんは出てません。日本昔話の方はR指定が付いています。

グリム童話の方のビデオ店の客は堀内賢雄さん。個室ビデオ店に来た客が店の老婆から勧められるがままに大人向けの残酷な童話ビデオを見せられるという設定。
グリム童話は『ヘンゼルとグレーテル』『青ひげ』『灰かぶり』の3本。
『青ひげ』に納谷六朗さんが2役演ってらっしゃるんですが、これが流石!という感じです。

日本昔話の方はR指定が付くくらいでかなりエロ・グロな描写があります。
けれどオープニング、各話ブリッジ、エンディングでの大川さん演じる客が本当にお人好しで押しに弱い感じが抜群に可愛らしいので是非見ていただきたい。賢雄さん演じる客とは全然違うので、人それぞれで興味深いです。
『猿蟹合戦』『かちかち山』『浦島太郎』の3本ですが特に浦島太郎前の客のくだりが大好きですッ!!

大川さんの役、ビデオ店の客役の他には『かちかち山』の医者役、これが記事タイトルに選んだセリフです。
それから『浦島太郎』の男A役、これはゴロツキの役です。そして番頭役、これは竜宮城の番頭です。

本当ならビデオ店の客のセリフを使いたかったのですが、これは会話とニュアンスが大事で単語だけ切り取っても伝わりそうもなかったので。勿論書き出してはみたんですが「いやぁ…別に…」」とか「…ああ(困惑)」とかの連続で(笑)

作品自体は(特に日本昔話の方は)グロくて好きになれないんですが、本当に大川さんが可愛いのでオススメしたいです。

あぁリジーごめんよ、自制が効かなくてさ。アナベラの強烈な色気に魔法にかけられたみたいになって、愛というまな板の上で真っ平にのされたんだ。サラダの上に載ってる生ハムみたいにね

フィービー・ケイツの私の彼は問題児(ドドンパ)(91年米) DVD チャールズ役

アート・デ・ジョン監督 タイトルの通りフィービー・ケイツ主演

夫に浮気され捨てられたエリザベス(Fケイツ)、車を盗まれ仕事もクビになり全て失った上に子どもの頃の空想の友達ドロップデッドフレッドが現れ、生活はメチャクチャになる。

原題『Drop Dead Fred』
この邦題は久しぶりにどうしたものかと困惑しました。まずフレッドは彼じゃないし、何より問題児と書いてドドンパって。なんだよドドンパって。どっから出てきた。

子どもの頃に見えていた空想の友達というのはアメリカでは一般的なのかしら?
ちょうど時代的に特殊効果というかCG?みたいな実写とアニメの中間くらいの技術が映画界でコメディに多用された頃なのかな?ドロップデッドフレッドの動きなどにそういうものが少し使われていますね。

フィービー・ケイツの女友達がキャリー・フィッシャーってちょっと年が離れすぎなんじゃ……と思いましたが6歳しか離れてないんですね。母親みたいに見えたけど。
エリザベスの夫の浮気相手を演じたのがブリジット・フォンダだったり、幼なじみのミッキー役がロン・エルダートだったり。

さて大川さんの役ですがヒロインを振り回す浮気者の夫チャールズ役です。なので最低な男ですが甘い言葉をよくささやくので大川さんの甘めのお芝居がたまりません。

そこそこ出番のある役なので大川さん目当てならオススメできますよ。

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。