QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつて人類は臨海地域に集っては獣をかたどった帽子のユーモラス自慢を行ったとか

D23expo Japan 2013 ディズニー・チャンネル文化祭 高密度映像をスクリーンで!イモニトロン・ナイト 2013年10月14日(月・祝) 司会・荻原秀樹 出演・荒川航 川庄美雪 大川透

無駄に長いのはいつものことでごめんね。
分けて投稿します。その2はこちら。
ファイアボールチャーミングのことなどはこちらのカテゴリにまとまっています。

私にとっては本命にして唯一の目的であるイモニトロン・ナイト。シネマ・イクスピアリのスクリーン3でファイアボールチャーミングを観たり、監督やキャスト登壇のイベントです。キャパは150席。

先ずはトロン・ライジング序章の上映。アニメ。字幕。30分くらいあったと思います。

そしていよいよやっと!画面は変わり始まります。
世界がどれほどの悲しみに満ちていても「我々は全ての攻略法を知っている」ファイアボールと名付けられたその世界で。

「お嬢様、舞踏会のお時間です」と聞き慣れた声。
客席から見て左前方の扉よりゲデヒトニスを演じながら大川透登場。そして右後方からはドロッセルを演じながら川庄美雪登場。
早速の書き下ろしショートストーリーです!
会場狭しと雁首揃えた人類の前でエポキシはスタート。

司会はファイアボールには縁もゆかりもない声優の荻原秀樹氏。
そしてキング・オブ・ハイペリオン、荒川航監督を呼び込みます。
「ジャンガリア~~ン」との雄叫びと共に登場した監督は、頭にはオズワルドの被り物、手にはトロンの円盤型武器(?)を持ちノリノリなご様子。
トロン関係ないでしょ?と訊かれ
「ビタイチ関係ない」と監督。
「変わった形の石の話でもしましょう」とか言い出す始末。さすがファイアボールの生みの親。

数々の予選を勝ち抜いたイモニ超人である我々にとっては、このような珍妙さはユリイカ!よし来た!というようなものでございます。

ゲデヒトニスは初めから大川さんを想定して書いていたという監督。大川さんの声があまりに好きすぎて、ドロッセル僕でいいかなと思ったんだけどやってみたらあんまりお嬢様に聞こえないんでやめたと。
やってはみたのかという点に爆笑する大川さんとイモニ超人たち。

ファイアボールはアニバーサリー・イヤーなんですよねと振る司会に「はい、悪魔のいけにえ40周年」と監督。
「おお~!もう40年経ちますか」と大川さん。大「The Texas Chain Saw Massacreですよね」荒「追いかけられ続けて40年です」悪魔のいけにえの話はまた今度にしてくださいと司会に言われて残念がる二人。
監督「チェーンソーナイトを!」大川「いけにえナイトを!」

2008年4月放送開始なので5周年なんですって!ヤッタネ!
「石の上にも三年、何もしなくても5周年」と言う監督に「何もしてないことないでしょ?」と司会。
「主に柿ピーの柿部分とピー部分を選り分けて暮らしてまして」本日の監督お気に入りフレーズ。

2006年に企画を立てても放送されるかどうかもわからないまま、タバコの箱で傘を作ったり輪ゴム鉄砲を作ったりする部活のようにやってきて、皆さんに発見されたという感じだとか。ユリイカ!

華麗なるハイペリオン式質疑応答のコーナー
事前にTwitterで募集され集まった質問。ハガキにしたら森をひとつ消滅させるほど来たのでエコ的にはTwitterで良かったと監督。

好きな寿司ネタの話(監督はビンチョウトロ。川庄さんはねぎトロとイクラ。大川さんはコハダにガリをつけるのが好き)。
収録スタジオの匂いの話(アリクイの匂いがする日とコンソメの匂いがする日があり、混ざって香ばしいアリクイの匂いになる日もあると監督。深海から湧き出ている温水の周りにたかってるエビみたいな匂いと大川さん)
ファイアボール普及のためのキャッチコピーを考えろとの大喜利。
颯爽と手を挙げた監督の答えは「大丈夫、一話二分、嫌いになる前に終わります」
その流れで大川さんも挙手「僕のことは嫌いになっても、FBのことは嫌いにならないでくださいっ!!」
ならばと川庄さんも「いつ見る……やめます」寸止め。「明日ですよ」と監督。戸惑う川庄さん。

気を取り直して川庄さん「ディズニー新喜劇」一瞬静まり返った後ほほう…と納得の客席。

テンペストの塔には他にどんな施設がありますか?との質問から唐突に朗読寸劇へ突入。
聞いてないよ!と司会者。

この時挙がった施設を挙げ連ねると、大浴場、仮眠室、のれん街、ふれあい動物園、あるいはふれ合わない動物園。ドロ「とんだ毛むくじゃら」ゲデ「むくじゃら!」


引き続き質疑応答。
これは酷いと思ったセリフは?とか印象に残ったシーンは?とか。

最も難解だった監督の要求は?との質問に大川さん
「これなんなんですか?質問しても半笑いで『あんまり意味はないです』それで全部済まされてるんですよ」
監督「まぁまぁその辺はアレですよ、魚心あればソレ心」
大川「ね?これですよ」

そして何かの質問の折りに唐突に監督によるメンバー紹介が始まる。
「メカニカルデザイナー、柳瀬敬之(やなせたかゆき)!」みたいなノリで。客席に散っていたクリエイターにスポットが当たるのです(笑)
「2階席のみんな~!!」じゃねぇよ!大川さんもイエ~イじゃねぇよ!私等もフゥ~!ってなんだよ!

続くよ!

※以下に自分のためのメモを残します。畳んでおきます。

続きを読む »

スポンサーサイト

We are not alone(荒川監督、ポツリと)

D23expo Japan 2013 ディズニー・チャンネル文化祭 高密度映像をスクリーンで!イモニトロン・ナイト 2013年10月14日(月・祝) 司会・荻原秀樹 出演・荒川航 川庄美雪 大川透

その2!でございます。

その1はこちら。
ファイアボール関連はこちらのカテゴリにまとまっています。

司会の荻原秀樹(おぎはらひでき)さんは、ファイアボールとは関係ないですがしっかりとした司会ぶり。当然作品はちゃんと観てますし、監督や演者ともスムースなやりとりをなさっていて安心感がございました。

さて時間は押せ押せで巻き巻きらしく、そろそろ監督に真面目な質問なども。

細かいネタや設定について。

思いついたらネタ帳に書いているという監督。でも書いたらすぐ忘れてしまうので「おったまげ~!」とか書かれたネタ帳見て困惑するとか(笑)。
1作目が終わってもずっと書いていて、2作目が決まったときには3倍くらいネタが出来ていたそうです。でも3作目なんて作れるか分からないので、全部を2作目に注ぎ込んだので3段オチのオチだけが並ぶみたいになったとか。

ファイアボールチャーミングを作ることが決まったとき会社から「キャラクターを増やせ」「背景を増やせ」と言われた監督。同じことをしても仕方がないのでメインキャラの外見は全て変えようと思ったそうです。
ロボットが主役だからこそ出来るチャレンジ。動物が主人公なら続編で足を増やすとかできませんから(笑)。

姿形は変わっても声をお二人がやっていれば認識されると確信していたけれど、今日朗読寸劇をしているのを見ていたら画さえ要らないんじゃないかと思ったという監督。
「台本あっての私たちですから」と川庄さん。

設定などについて。
今回ディズニーのイベントってことで言いますと心優しい王様だったり良い魔法使い、良い妖精が居なくなった世界のプリンセスストーリーを作りたかったと監督。
劇中ではあまり語られないけれどディズニー的な表現はすべて過去形になってるんですよ。一作目の最終話で「花は唄い木々は踊り砂漠は生きていた」ここにいらしてる皆様は元ネタはご存知だと思いますが、かつてそこには希望あふれるポジティブな王国が確実に存在していて、僕らはそれを取り戻さなければならないというメッセージのプリンセスの成長物語にしたかった。
だから過去の話は全部「アニメで見たわ」というように過去形で語られるけれど、それはディズニーの作品という
のが土台にあって、ディズニークラシックの四万年後の世界がファイアボール

……ま、全部今思いつきで喋ったんですけど(笑)

って監督、それはさすがに照れ隠し。

非ディズニー的に言われがちなファイアボールだけど、そうじゃなくて私の中ではすごく正統派のディズニーの物語だと仰ってました。

さてと、まだ続いていた質疑応答。
私の父は大川透さんに似ています。よくモノマネをしてくれるのですがFBC第12話のラストの叫び声だけどうしてもできません。親孝行のためにコツを教えてくださいとのこと。

憶えていますか?との司会者の問いかけに「よく憶えてますよ、あれ結構何度も録りましたよね。監督のこだわりもすごかったから」と大川さん。
これ結局3人とも叫んでくれました(笑)。

満更な感じで監督が叫び、本家大川さんも叫び「誰も録音してなかったろうね?世に出まわったらイカンよ」とか言いつつ川庄さんも叫びました。
ここでアドバイスを求められた大川さん「息を吸い込むようなつもりで実は吐いてる。音が最高潮に達した瞬間にスポンと終わる」とテクニカルなアドバイス。
更に監督からは「あれって絶望的なことに気づいた瞬間の声なんで、例えば飼っていたハムスターをイスのコロで
轢いちゃったとか」と心情的演出。
あまりな例えに客席も演者も一斉に想像してドン引き。

二人からのアドバイスを受けて川庄美雪叫ぶ。二人からのOK出る。
「弊社はなにより親子の絆を大切に…」と監督が今更なアピール。無理ですよ!ドン引きは拭い去れませんよ!

ここでハイペリオン式大抽選会
ポスターは選ばれた番号から10名全部で30名大雑把に当選。
さぁ!みんな大事なお約束!『舞浜駅のゴミ箱に捨てて帰らない!』
ファイアボールのポスター10名様。ファイアボールチャーミングのポスター10名様(私当たりました)。ファイアボール Tシャツ10名様。

むしろ!ここからが本番のプレゼント!
サイン入りのファイアボールグッズを6名様に!
ゲデのペーパークラフト付きDVD、Figmaドロッセル、FBCちくわぶボックスを各2名様に!

そろそろ終わりですよと言われ
大川「この後の上映、やめればいいじゃん。どうせみんな見てるんだから。昨日も見たんだから」
監督「一理ある」
司会「だめですよ!この大スクリーンで観たいですよね?みなさん」拍手という流れ。

一番くじ会場限定ラストワン賞は監督サイン入りユーリのフィギュアという普通の告知。

いよいよ最後のご挨拶。

大川さん「正直言ってロボット2体だけでどんな表現ができるんだろうと思ってました。荒川さんの書く台本はやっぱり面白くて、セリフの掛け合いは確かに読んだだけでも面白かったんですけども、そこに無機質なロボットだけが出てきて、しかも二人とも感情を表に出さない表現をとらなければならないという縛りがありまして、その中でどれだけ豊かな表現が出来るんだろうっていうのが僕にとってもチャレンジでした。それが1本やって皆さんに支持をいただいて2作目も支持していただいて、こうやってイベントもやれるようになったのは非常な喜びです。本当にみなさん有難うございました」

川庄さんは涙ぐんでのご挨拶。ヒロインを演じることの喜びや感謝。実のところ、初めて見た川庄さんはとても美しく、私は彼女の瞳や髪や爪などにばかり気がいってしまって気もそぞろでした。左手の薬指と右手の小指だけ色の違うマニキュアが施されていたなぁ…とか、そんなことばかりが印象に残っています。

ちなみにこの日の大川さんはハロウィンかぼちゃでゲデヒトニスな色のカーディガン。いつもご自分のキャラクターを反映させようと服装に気を配ってくださる大川さんなのです。

この流れで?とか仰いながらも荒川監督「ファイアボールという作品は元々私がすごく…これ言い方が難しいんですがすごい絶望的な気分のときにですね、人間が一切登場しないアニメーションを作ろうと思ったんですね。
勿論子ども向けに作ったんですけどでもそれは11歳のときの自分のために作ろうって。あまり友だちが居ない11歳だったんですね。でも製作13話やるにしたがいですね、沢山のスタッフとかキャストであるとか、何よりもファンの皆様に支えられてですね、すごく最後には希望があったなと…FB一作目のラストにはそのままそれが反映していて、絶望はするもんじゃないと、世界や仲間たちは素晴らしいものだと、だから作れたんですよ。ただし、チャーミングっていうのは名前に反して…これからご覧になるのはFBCの方であのジョニー・デップが出ない方(笑)すごくあのぅ寂しい結末になるのは間違いなくて、企画の段階からそうで、仲間であったり自分の世界を失う話なんです。勿論それはFBに戻って我々は世界を獲得するんですけども。ただここでチャーミングを見ることで、今夜みなさんとできれば声をあげて笑って楽しんでみんなで楽しんだことによって、私たちは一人じゃないということをみんなで感じてはじめて、チャーミングっていうのは完結するんじゃないかと僕はそう思ってるんですね。
だから本当にみなさん、滑稽なシーンがいっぱいあるアニメーションですけども、声を出して笑って楽しんで、でまぁ終わったら綺麗サッパリ忘れるという感じでいていただけるといいんじゃないかなぁと思います。えぇー…We are not alone(ポツリと)」

この監督のご挨拶が本当に胸に迫るものがありまして、だから今回は記事タイトルも大川さんの言葉ではなく、監督の言葉を使わせていただきました。

私自身がかなり絶望的な気持ちを抱いたまま日々を過ごし、毎日それを押し隠して苦しいと思いながらその日を迎えていたので、なんだか本当にこの日の監督のメッセージは何もかもが輝くように眩しく胸に届きました。

この夜の全てが私を慰めてくれました。
有難うございます、荒川航監督。
有難うございます、スタッフ、クリエーター、そしてキャストの皆様。

この後のファイアボールチャーミングの上映は、監督も大川さんも川庄さんも客席でご覧になるということでした。

「ここで皆さん気になってることをお聞きしたいと思いますがファイアボール3作目は?」と問う司会者の言葉に恐ろしいほどの早さで「ないですね(キッパリ)」と答える監督。

えええええええ(笑)


きっとあるはずのファイアボール3のイベントでお会いしましょう!という司会者の言葉は果たして実現するのでしょうか!?

スクリーンで観るファイアボールチャーミングはやはり素晴らしく目眩くような高密度でございました。
何よりも音響が段違いに素晴らしくて、感激いたしました。

上映が終わった後にはサプラーイズ!なことに、ドロッセルお嬢様の『恋はシメサバ』の朗読がございました。

スタンディングオベーションで監督をお送りしたいと心では思っていても、最初に立ち上がる勇気を持てない軟弱な私はひっそりと心の中で立ち上がり拍手喝采を送ったのでした。

ほっこりと満足満腹な気分でシアターを出ますと、そこには何故かサングラスをかけた監督が(笑)。
私もちゃっかり握手していただきました!
わたわたと緊張しつつも「とても面白かったです!」となんとか伝えますと「本当ですか!ありがとうございます!」と監督。

ロビーに出まして一番くじの列に並んでおりますと、何となく見覚えのある男性が後から来て並びました。
水島精二監督に似てるなぁ…でもそんな訳ないよなぁ…とモヤモヤ。
そうこうしてるうちに順番が来てくじを引き帰ろうとすると今度は荒川監督が一番くじ販売のお手伝いに(笑)。

帰宅してTwitterで調べてみたら、水島監督やはりいらしてたんだそうです。

荒川航という人は抱きしめたいほど可愛くて珍妙な生き物で、私はすっかり離れ難い気持ちになってしまったのです。

この心に灯った小さな電気はそうっとそうっと消さないで。

「私は今でも思い出す。それはいかにも遠い未来の物語。空想と迷信、存在とまやかしの間に横たわる夢と同じ成分でできた他愛もない惑星にあって、未来が時には複雑でどれほどの悲しみに満ちていても、我々は全ての攻略法を知っている。
私はその世界をこう呼ぶことにした『ファイアボール』
それでは始めよう。この虚ろな未来の攻略を」

私の体にはトリコバルト爆弾が埋め込まれている

ST JAPAN ファンイベント ミッション2013 2013年10月26日(土)東京カルチャーカルチャー 司会 村田麻衣子 ゲスト 丹羽正之 大川透 他

当日昼頃まで降っていた雨も現地へ向かう頃にはあがっていました。今週はずっと太平洋沖に発生した二つの台風の進路にヤキモキ。運営スタッフの方々も気が気じゃなかったことでしょう。

さてZepp東京の二階、大観覧車の真下にある東京カルチャーカルチャーは飲食店型のイベントスペース。
2010年に参加したとき(レポはこちら)とは違う場所です。

席についたらとりあえず注文。このイベントのためのスペシャルメニューも用意されています。そのメニューはちゃんとクリンゴン語と日本語で書かれてるんですよ。こういうの嬉しいですね。

本日の司会は声優の村田麻衣子さん。先ずは乾杯からということで早速丹羽さんと大川さんを呼び込みます。
みんな起立して大川さんの音頭で乾杯!
そのまま引き続きお二人のトークへ。

「いつもはもっとユルユルな雰囲気の(笑)もっとこのへんに(手の届くあたり)お客さんが居るようなイベントなのに、今回はすごくオフィシャルな感じだね」と大川さん。一応ステージは高くなっていてスクリーンやモニター、音響、ミラーボールなど色々ありました。

DS9の3年の中断からの紆余曲折のお話など。このへんのお話は大川さんの公認サイト様のコラムなどでも知ることができますが、密命を帯びた(笑)大川さん大活躍の巻といった感じです。

スタートレックでは宇宙人がいっぱい出てきますが、その特殊メイクで牙や付け歯などをしてるとセリフが言いづらく息が漏れてしまうそうなのですが、吹替えではそれを利用して特徴付けなどがされていた(クワークのぐへへ笑いなど)そうです。

ところどころで話は中断されてビデオメッセージでゲストのインタビュー映像が流れます。
クワーク役の稲葉実さんはオドー役は加藤精三さんのイメージじゃないんじゃないかと思っていたけど(星一徹の印象が強くて)そんなことはなかった、素晴らしかったというお話が印象的でした。

マートク将軍役の大山高男さん、役のセリフを演ってくださいました。それまで普通にお話されてる時とがらっと声が変わるんですよね。すごいな。

キラ・ネリス役の小宮和枝さん、キラが昔の恋人を失う?話の収録のとき、実際に幼馴染の方が亡くなってとてもつらかったというお話が印象深いですね。あとはジェイク役の石田彰さんが事故で入院されてお見舞いに行ったときのお話。みんなからのカンパをのし袋に入れて持って行ったんだけど何か違和感。よく見てみるとDS7と書いてあったというお話(笑)。

難しいことや分からないことはメールしたり頼りにしてると言われた大川さん。「和枝ねえさんがスタジオのペースメイカー。いつも明るく居てくれることが本当に頼りになりました」と。

ここで生質問コーナー。お客さんに挙手を募ったところ、ハイと挙手したのがなんと新スタートレックのジョーディ・ラ=フォージ役の星野充昭さん!去年のこのイベントのゲストだったそうで、今回も遊びにいらしてたそうです。そのままステージに上りしばらくお話に参加。名残惜しい感じで客席に戻っていかれました。

トークしながら大川さん中ジョッキ?飲んでたり、そのテーブルの上に置かれたトリブルのオモチャがキュキュキュって時々鳴いたりして胸キュンでした。

ここで一旦大川さんと丹羽さんはさがり
『素晴らしきプロップの世界』
秋田から上京されたプロップコレクターのイトウシンイチさん。去年のこのイベントでは新スタートレックの小道具を持ってきてくれたそうで、もう筋金入りのコレクターの方なのですね。
今回はDS9にちなんだ珍しい小道具を堪能させていただきました。
惑星連邦、クリンゴン、ベイジョー、カーデシアなどのフェイザーとコミュニケーターやラチナムなど。キャストのサインがいっぱいされてるスクリプトなども。
カブトガニみたいなカーデシアのトリコーダーはとても珍しい物なんだそうです。
平行世界のスマイリー(オブライエン)が作ったという設定の…とメモには書いてあるのですが、アレは何だったんだろう(汗)ニワカでゴメンナサイ!LEDが使われているんですよ。
DS9の20周年ということでDS9のコレクションをまとめた冊子が無料配布されたのですが、休憩に入るとあっという間に人だかりができて私は手にすることはできませんでした。後で……と思っているうちにうっかり忘れてしまったおバカさんです。

休憩を挟んで
第二部は『まんが宇宙大作戦』
会場に飾られてるセル画はこのアニメの物だったのですね。紹介してくださる方の軽妙なトークと作品へのツッコミに大笑い。すごく面白いお話で見てみたくなったものの、見られる機会はなさそうですよね。バルカン式ネック絞め。

『Fedconに行ってきました』
ドイツのデュッセルドルフで行われたスタートレックのイベントに参加してきた方のレポート。
ユニクロで揃えた服で宇宙艦隊士官風のコーディネートをされていて素敵でした。
ヴォイジャーキャストなどが多数来られて一緒に写真撮ったりサイン貰ったりできるイベントです。
このイベントはJJトレックの公開に合わせたタイミングだったそうで、世界最速のSTID上映を観られたんだとか。
「中学生英語でもなんとかなりますから、来年は皆さん参加してください」って仰ってたけど(笑)いえいえ、社交性は才能の一つですよね。その行動力と社交性あってこそだと思います。

『大抽選会』
入場の時に貰った番号で抽選会。フィギュアやブルーレイソフトや書籍など。
今回私が当たったのは、先程から大川さんと丹羽さんの間に陣取ってたトリブルちゃん!やったー!フィギュアも入ってたけど誰だかわかりませんでした(すみません・汗)
そしてなんとエンタープライズの模型を当てたのが星野充昭さん(笑)。さすがにこれはとご本人が辞退なさって別の方にプレゼント。

再び休憩を挟んで第三部。
ここでは丹羽さんと大川さんがじっくりトーク。
翻訳する立場から丹羽さんがいかにキャラクターらしさを声優さんに表現してもらえるかというお話。『爆弾』『コバルト爆弾』『トリコバルト爆弾』での実験セリフを実演させられる大川さん(笑)。でも確かにトリコバルト爆弾がガラックっぽいと思えました。

ガラック初登場の回の台本の日付は96年3月だったそうです。ドラマ『藏』が95年ですからおおう!若いです!

最後には丹羽さんの希望でDS9の#143「消された偽造作戦」からのワンシーンを演じてくれました。シスコ役は丹羽さんが担当して結構たっぷりと。この記事のタイトルのセリフの前と後ろにたっぷりと。

そして大川さんサイン入り書籍争奪じゃんけん大会。「ボクじゃんけん弱いです」と大川さん。ちょっと!なめないでくださる?私なんかもっとじゃんけん弱いんですからね!はい……一発撃沈でした(笑)。

最後に全員で写真を撮りまして、その後握手していただきましてッ!
それからサインもしてもらいまして!わぁ!わぁ!前回はこんなのなかったから、もう本当に嬉しくて!!
やったぁ~~~!!!
イベントの雰囲気もフレンドリーで温かかったですね。もう本当に心から有難うございます。こんな楽しいイベントに参加できて本当によかったです。
スタッフの皆さん、本当に有難うございました!

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。