FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎が爆ぜている……燃えているのはソヴュール、俺たちが出会った……いや、セイルーンだ。俺たちが生まれた、俺たちが捨てた……俺たちを縛り続けた嘆きの王国だ

GOSICK #24「死神の肩越しに永遠をみる」 テレビ東京 ブライアン・ロスコー役

最終回です。
ネタバレを書いてしまうので、まだご覧になってない方は読まないでくださいまし。




コルデリアの成したいことを手伝うブライアンも、ヴィクトリカを憎んだブライアンもいて、でも生きたいのだと叫んだヴィクトリカはまさに最愛のコルデリアの生き写しで……。登場からずっと謎めいた男でしたが、最後にはとても人間らしくなりました。それがとても良かったと思えます。

ブライアンが二人だったことも大層ビックリしたのですが、このラストは本当に驚きました。あの予言があったから、私は二人は離れ離れになってその後の人生を過ごし、年老いても互いを忘れないままでした……みたいなことになると思っていたのです。たしか比嘉モエルさんが「最後は白いドレスでしょう」と仰ってたのですが全然信じてませんでした(笑)。さすが比嘉さん。めんまコスのゆきあつを言い当てた男(笑)。
もう二度と会えない二人だと思っていたので、本当に嬉しかったです。
焼け野原に奇跡のような美しい花を咲かせる桜の木の下で、春来る死神を待つもんぺ姿の少女。
思い出すだけで泣けて来るほどの、美しくて幸福なラストでした。
素敵な作品をありがとうございました。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。