FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなこと……平気で言うなよ……三成……

劇場版 戦国BASARA-The Last Party- 公開中 徳川家康役

6/25(土)~7/1(金)は上映前のマナー告知が「徳川家康 本多忠勝 篇」ということで観てきました。封切から2週目に「徳川軍」認定証ステッカー目当てで観てるので2回目なのですが。
先日好評だった絶叫ナイト(サイリウムOK、声だしOKの上映会)、またやるそうですよ。詳細はこちら

ゲームとは根本的に話が違います。でもゲームだっていろんなルートで違うエンディングがありますけども。でもちゃんと違うというのがまさに、劇場版バサラのいいところ!

伊達、真田、家康、三成が仰向けに倒れているあの画に本当は慶次がいるんです。慶次いい役どころでした。なんだろうな、ゲームやってるとあれ何もかもがハッピーエンドにみえるんですよ。哀しくて辛い話も好きだし、ゲームはゲームで大好きなのは変わらないです。いや、あっちの悲しみがあるからこそ、この幸せに胸が熱くなる。

慶次と元親が先ず家康の側についてるなんてとかね。市がちゃんとあの人のこと……とかね。

タイトルに選んだセリフ、ここグッときます。あと「三成(声裏返る→)信長をよく見ろ!豊臣の時代、民の目に秀吉公が、わしらがどう映っていたのかを!!」のこのちょっと声が裏返るというかかすれるというか、そのあたりが凄くいいです。基本爽やかでそれでいて泰然自若としている家康なので、こういうところが印象的に感じます。

家康いいなぁ。家康大好きだ。あの後姿についていきたい。正面からは眩しくて見られないから、斜め後ろくらいからずっと見ていたい。

豪華版パンフレット、写真もインタビューもいいですよ。カメラマンは田上富實子さん。
作ってくれた全ての人たちに感謝を!本当にありがとうございます!そう言いたくなる作品でした。
オススメです!

さぁ、次は夏の陣だ!実はバサラのイベント参加は初めてなのでドキドキしています。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。