FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


ゴールドか黄色のワーゲンビートルで登録台帳に載ってる車は何台くらいありますか?

コピーキャット(95年米)テレビ東京午後のロードショー マイク役 警官役 刑事役

シガニー・ウィーバーとホリー・ハンター共演のサイコキラー・サスペンス。
猟奇殺人に詳しい心理学者ヘレン・ハドソン(S・ウィーバー)は、ダリルという異常者にトイレで襲われた。命は助かったがその経験のせいで部屋から一歩も出られないまま13ヶ月が経った。女刑事のM.J.(H・ハンター)が追っている連続殺人をきっかけに、再び事件の渦中へと巻き込まれていく。

いきなりヘレンを襲って逮捕されるダリルは大塚明夫さん。その後に出てくるコピーキャットが池田秀一さん。なんにしても、いろいろと惜しい感じの残る作品。怯えるシガニー・ウィーバーとか、できる刑事のホリー・ハンターとか、犯人とか、ずっとチグハグな印象が抜けません。そりゃ怖いですよ、でもねぇ……という感じ。

あ、ウィル・パットンが出てました。関係ないですけど。

大川さんの役はマイク役、これは警官です。それからもう一人別の警官役、これは署内で銃を奪われるシーンで出てくる警官です。それから刑事役、これは次の犯行がテッド・バンディを模倣すると分かり、フォルクスワーゲンの所持者を虱潰しに当たるという捜査のところで出てきます。

冒頭で猟奇殺人についての講演会をしているのですが、そこでヘレンは「死刑にするより終身刑にして研究するべき」だと主張しています。そして最後にはダリルが獄中から次の"弟子"に教えを授ける手紙を書いています。この皮肉な演出はとても好きです。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.