FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静信、それが……お前の出した答えか

屍鬼 第悼と弑魑話 フジテレビ 尾崎敏夫役

林の中で徹の懺悔をきく若御院。忽然と姿を消した父の意図、そして戒名をくださいと尋常ではない様子の田中かおりを前にして、ようやく自分の身の処し方を決める。

※ネタバレしてしまうので、放送がフジテレビより遅い地域の方は読まないでください。

「室井さんはロマンチストなのね」って沙子が以前言ったのは軽蔑の色が含まれていると思ったんだけど、違うんだろうか?あの瞬間、沙子は冷めたんだと思ったんだけど。
なんとなくお釈迦様の四門出遊を思い浮かべてしまいました。至る境涯は真逆ですけどね。沙門ではなく沙子のところへ逃げ込むわけですし。

監督のアミノテツロさんがブルーレイのブックレットで、ホラーというのは「君は清く正しく生きてゐるか?」といふ問ひかけだと仰ってましたが、本当にそうですよね。凄く問われていると実感します。

なんか走ってる夏野とそれを途中まで追っていた辰巳のシーンがありましたが、この時点では意味不明。
前回ピンチで終わった昭はその後どうなったのか分からず行方不明で、かおりは自分の墓穴を掘ってもう正気を失いかけているみたいで可哀相です。
霜月神楽の練習帰りに襲われたじいちゃんもお気の毒。アイヤー。

いやもう今週は怒涛の展開で、若先生からちゃん付けで呼ばれて羨ましい律ちゃんも、もうだるーい感じになっちゃって。本当に悔しそうな若先生。そんな若先生を待ちうけるのはホットリミットでも歌いだすか、またはミラ・ジョヴォヴィッチでないと着こなせないかと思われる布切れを体に巻きつけた千鶴さん。すごいよ、千鶴さん。外ではサイトーばりの狙撃能力をもつ夫の涙がキラリ☆浮気って血吸うだけじゃないの?そんなこともしちゃうの?ええ、そこは放送されないの?でも血吸った後じゃ、言いなりなんでしょう?それじゃ敏夫の魅力半減だよね。

これから毎週このように怒涛の展開なのかな。楽しいな。面白いです、屍鬼。今更ですけど。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。