QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ならば心にその名を刻め、これが大空魔竜、そしてお前の巨人はガイキング

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU #2「オレが選ばれた戦士!?」 DVD ガリス役 ダイヤの父役 ブビィ役

突然現れた怪物たちによって街は壊滅状態となる。ダイヤは5年前に会った謎の少女や仮面の男と再会し、共に戦うことを決意する。

ダイヤの言ってたことが本当だったと知って落ち込むナオトが可愛いです(ついったーに一瞬だけあげた画像はこの時のナオトを私が描いた下書きでした@私信)。さて大空魔竜に乗り込んで乗組員たちと知り合うダイヤ。個性的な人がいっぱい出てきます。ドックの責任者は巨乳のシズカさん。前髪で目が隠れているキャラクターって昔はよく見た気がするけど、彼女もそういうキャラです。
ダイヤに敵愾心むき出しのピュリアはスティンガーのパイロット。ツンツンしてるけど子分みたいのが3人くっついてるとこみると、意外と面倒見のいい姐御なのかも。ピュリアにくっついてる子分のうちの一番体の大きいブビィも大川さん。
この大空魔竜の副長はローサという女性。ガイキングに乗ったダイヤをナビゲートするのはルルという少女。キャラクター設定やデザインは「あるある!」という感じの古き良きアニメの王道を踏襲しています。

ダイヤの回想シーンに出てくる父の声も大川さん。
ダイヤいい子なんだよねー。素直に反省し、感謝できるまっすぐな男の子。

敵はダリウス軍といって地球の内側から来るとキャプテン・ガリスが説明して次回へ続く。
スポンサーサイト

そうだな、誰にとっても家族は大切なものだ。だがダイヤ、ここに居る全員がお前と同じ問題を克服しているのを忘れるな

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU #3「旅立ち…さらば母さん!」 DVD ガリス役 ブビィ役

地球の内側の異世界で戦う大空魔竜のクルーになったからには、今度いつ地上に戻れるか分からない。ダイヤは母親にそのことを告げに行く。

家族との別れをきちんと描くこの作品が好きです。ためらうダイヤにシズカさんがキャプテン・ガリスの言葉を教えてくれます。それは「この大空魔竜に乗る資格はたった二つだけ。胸の炎が熱いこと。そして一人前の人間であること」どうですか!いいよねぇ。キャプテンを始めとしてクルーがみんないいんだよなぁ。
そしてダイヤは母親に話しに家に帰ります。ちょうどナオトもいました。勿論反対されたけれど、父さんが生きてると確信してるダイヤはいつか一緒に帰ると決意を伝え、ナオトに母の事を頼んで再び戦場に戻ります。

敵の四天王が今回出てきました。サスページは田中秀幸さん。いいですねー!それからノーザは岸尾大輔(現・だいすけ)さん。バンブルビーとは全然違う低めのトーンです。

キャプテン・ガリス素敵だなぁ。ちゃんとした尊敬できる大人なんですよ。そういうキャプテン大好きです。


拍手レスです。

続きを読む »

真っ暗でなんも見えんなァ

ケシカスくん テレビ東京おはスタ1部内 修正液役 キューちゃん役

8月30日「プールでエンジョイ!」修正液役
8月31日「サイコーの夏!」出演なし
9月1日「エンジョイ!サーフィン」出演なし
9月2日「プールの主、現る」修正液役 キューちゃん役
9月3日「塗れ!」出演なし

夏休みの間は過去の再放送だったので、久しぶりの新作です。
今週はプールで夏を謳歌する文具たちとボウズくんとミナコです。とはいえ文具は浮いちゃう組と沈んじゃう組がいて……というドタバタありつつ。なんか楽しそうな修正液が可愛い。そして久しぶりにキューちゃんが登場しましたよ!生きてたんだ(泣)ライフセーバーとして大活躍っとなるはずが(笑)ブラックバスに咥えられて「キュゥ~」と切なく。ブラックバスでかくないかい?タコをすっぽりと飲んじゃうなんて。そしてなぜかクチビルがタラコみたいにピンクだし。そんなブラックバスに飲み込まれるときの修正液、涙ちょちょぎれてて必死の形相でとってもキュートでした。魚の腹の中の暮らしがもう少し見たかったです。ノーン!

いざとなったら親戚から出来のいいのを養子にすりゃあいい。そうでなきゃ、おふくろが再婚するってのはどうだ?

屍鬼 第柩話 フジテレビ 尾崎敏夫役

“連中”は4回程に分けて襲うと考える尾崎敏夫。入院させた節子を“連中”から守るために静信と寝ずの番を続ける。

若御院の小説のタイトルが「屍鬼」なのか。なんだろう、この人あっち側に感情移入するタイプの人みたいですね。「おきあがり」のことはまだ信じてないといいつつも、沙子のことが頭をよぎり、解剖して調べたいという敏夫に抗議したりします。

やすよさんのセクシーさがダイナマイトだったり、看護師の律子の妹もやっぱ凄い髪型だったりと笑える要素も満載ですが、今回は敏夫の妻(驚きました!結婚してたのですね!)恭子さんが初登場。シルエットクイズやったら意外と似てる孝江(敏夫の母)と恭子。お義母様に負けてない感じが頼もしく、可愛らしい人です。お店をやっているらしく別居状態みたいですが、そんなに夫婦はいがみ合ってる風でもなく。「戻っていいぞ、別に居なくていい。居ても構ってやれん」ですってよ、敏夫可愛い。孝江の髪少しうねうねと動きましたよ!?あれ宇宙人の血が混ざってるのか?ランカ・リー的な。

でも敏夫どんどんやつれて可哀相。向かい合って座る二人の距離のように、なんだか静信とも心の距離があるようで。それは静信の側の問題な気がしてそれが不安さをあおる構図でしたね。頑張ってるよ、敏夫は。報われてあれっ!報われてあれっ!

辰巳のドSっぷりと言動が気になります。色んな意味で(コラ)

エンディングの次回映像にあの人の姿が!ああ、悲しいね。抗えるだろうか?愛する人を亡くして、その人にもう1度会えるよろこびに……抗える自信がないなぁ。

ゼロではないが甘い期待はしないことだ、厳しい現実が待っている場合も考えておけ

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU #4「行くぜ!ダリウス突入作戦」 DVD ガリス役 ブビィ役

デスクロスポイント(敵が地上に出るときに開けた異世界へ繋がる道)を塞ぎながら逆走し、ダリウス界へ向かう大空魔竜。入口に敵の待ち伏せはなかったので、きっと出口に待ちうけているとふんだのだが、デスクロスポイント内部に魔獣が潜んでいた。

アバンタイトルで毎回のように流れる口上は今回から。「大空魔竜、それは無敵の機械竜。ガイキング、それは熱き炎の戦闘巨人。今このふたつの力がひとつとなり明日の世界を守り抜く。君も心にその名を刻め!大空魔竜ガイキング」大川さんですよ。

大空魔竜はイリュージョンプロテクトで完全に姿を隠すことができるそうです。デスクロスポイントの突入は初体験のときには気絶してしまう人もいるほど過酷なのだそうですよ。
ダイヤはまだキャプテン・ガリスのことを少し怖がっています。変な仮面で顔を隠しているからね。父親が生きていることに希望を抱くダイヤにキャプテンはこの記事のタイトルの言葉をかけます。この言葉が今回の話のキーポイントですね。この発言にカッとしたダイヤに「戻れ、ダイヤ」とキャプテン。この声音の優しさが後にちゃんとダイヤに伝わるんですよね。

キャプテンは顔だけじゃなく体も皮膚も全部隠してるんですよ。暑くないのかな?

拍手レスです。

続きを読む »

返信しろ"ここは国際海域である。攻撃を受ければ応戦する"至急海軍本部に報告しろ

007/トゥモロー・ネバー・ダイ (97年英・米)DVD デヴォンシャー号艦長役 ジョーンズ役 バット男役 ウェイド役 ステルス艦ミサイルオペレーター役

日曜洋画劇場だと吹替えが違うそうですが、大川さんは違う役で両方に出ているそうです。そちらも早く観たいなぁ。

イギリスと中国に戦争をさせようと目論むメディア王カーヴァー。証拠をつかみそれを阻止せんと動くジェームズ・ボンドですよ。

ボンドはピアース・ブロスナン。ボンドガールはミシェール・ヨー。今回のボンド・カーの仕掛けが結構好きです。手錠でつながったままのバイクでのチェイスとかも面白かった。
また敵であるメディア王カーヴァーってキャラがまた面白い。大川さんの役ジョーンズっていうのはカーヴァーと組んでるコンピューターソフト会社のトップなんだけど、わざわざバグ満載のソフトを売るんだっていうんだから、本当笑えないです。
バット男ってのはそのまんま、カーヴァーの手下でバット振り回す男です。ウェイドっていうのはCIAの人、ボンドとは顔馴染みみたいです。

メディアを悪役にしたのはいいアイデアだなと思います。

※後日追記
2011年3月2日にテレビ東京で夜9時から放送したものが、テレビ朝日版(日曜洋画劇場版)でした。
上に書いたDVD版のボンドは神谷明さん。テレビ朝日版ボンドは田中秀幸さんです。

こちらでの大川さんの役はシードリルのステルス艦船長役です。これは始めの方だけでなく、最後の戦闘がこの艦で行われるので、意外と出番あります。
もう一つは空港のアナウンス役です。

以上ですね。

カーラ・スレイスには運命がある。俺にもだんだん判ってきた、神がなぜ人類を愛したのか

バトルスター・ギャラクティカ THE PLAN(09年米)スーパードラマTV レオーベン役

シリーズが最終回を迎えてから制作された2時間もの。スーパードラマTVのTwitterによるとアダマ艦長役のエドワード・ジェームズ・オルモス自らが監督した作品なのだそうですよ。
シーズン1からシーズン2の最後までをサイロンの視点に立って綴る物語。……シーズン3から4までも作ってくれるのかしら?もうこれで終わりなのかな?レオーベンは3から出番が増えるので、続きもあったら嬉しいんだけど。

なんにせよ、このドラマを楽しんだ人なら観ないではいられないですよね。こじつけの後付けの辻褄合わせでも楽しみましょう。

レオーベンの出番はそんなに多くはないです。でも彼がカーラに興味を惹かれていく過程などが少し描かれています。それによって変化していく心情なども少し。

では以降はネタバレを含みますので畳みますね。
それでも大丈夫って方だけ先に進んでください。




続きを読む »

おいそのセリフ、カットだろう?おーい台本見せてくれ

フォエバー・フレンズ(88年米)テレビ東京午後のロードショー ブレット役 劇団の役者役

ベット・ミドラーとバーバラ・ハーシー演じる二人の女性の長い友情の物語。監督はゲイリー・マーシャル。

これ原題は「Beaches」11歳のときに浜辺で出会い、最期も浜辺で過ごしていましたものね。出会ったころからショービジネスの世界にいたCC・ブルーム(ベット・ミドラー)、大金持ちのお嬢様のヒラリー・ホイットニー(バーバラ・ハーシー)、長く文通で友情を育み大人になってからは一緒に暮らした期間もありますが、また別々の人生を送ったり。ケンカしてしばらく音信が途絶えたりもしながら、人生の節々を分かち合って生きます。

女の友情というものが私にはよく分からなくて、こういう女同志の友情モノを見ると純粋に憧れる気持ちと、面倒くさいなぁという嫌悪感のような気持ちが交錯します。ベット・ミドラーの歌はいいですね。大好きです。「ローズ」とか「ハロードーリー」などの映画でも本当に彼女の歌は魅力的です。

大川さんの役はわりと初めのほうでCCに「ブレット」と呼ばれる運転手役、それからジョンの劇団ファルコン・プレイヤーズの役者役で2シーンくらいありましたよ。

もう今世では演技の道を全うします(笑)。でも生まれ変わったらギタリストに…絶対ギタリストになりますっ(一同爆笑)

ターニングポイント 遠藤役 

BLCDなので畳みますね。
あ、でも今回のタイトルはCD内の台詞ではありません。


ボーイズラブとか信じらんないっ!……という方はここで引き返してくださいまし。





続きを読む »

夢でも会えるから、寝なよ

アメーバモバイルのコンテンツ、すき☆こえが始まりましたねー!
会員登録が必要な有料コンテンツですが、どんな感じなのかは登録しなくても体験できるので、興味があるならケイタイでアクセスしてみるといいですよ。

声優さんがいろんな言葉を言ってくれてますから、それを素材として自分の好きなように組み合わせ、順番を入れ替えたりして決まったら幾らかかるか表示されるので購入(DL)という流れです。

試聴できるっていうのが良心的だなぁと思いました。Twitterのアカウントもあるしブログでは声優さんの収録風景などレポされていて有難いんですが……大川さんは載ってないですね。残念。※後日、大川さんの収録風景もブログに掲載されました。

長くなっちゃうから畳みますが、以下に大川さんのワード(今現在の)を羅列しておきますね。参考にしてください。

※2011年1月26日 新たに執事風ボイスなどが多数追加されたそうですよ!追加分などは記載してません。あしからず。

続きを読む »

 | BLOG TOP |  NEXT»»


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。