QLOOKアクセス解析

プロフィール

アトユキ

Author:アトユキ
大川透さんの出演作だけを追いかける個人的ファンサイト?いやファンブログです。更新停止(2012年1月)
2013年8月より不定期更新再開??

記事のタイトルは基本とりあげた作品の大川透のセリフです。ラジオやイベントならご本人の言葉。それを採用できない場合のみ私が勝手にタイトルを付けています。


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク&同盟


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーメーション"ビッグウェンズデー"行くぞォッ!!

劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~ 公開中 ジェフリー・ワイルダー役 エルモ・クリダニク役

たしか2月26日に公開して、わりとすぐに観に行ったはずです。お客さんがいっぱい居たから。書きそびれてるうちに随分と経っちゃいましたね。

テレビシリーズとは全く違う展開を見せてくれる作品です。これをいきなり見ちゃうとやっぱり分からないと思うので「イツワリノウタヒメ」を先に見た方がいいですよ。
私は正直にいうと最後ポカーンとしちゃいました。エンドロール後にもうひと展開あるのかなぁと思ったら、そのまま終わってしまったなぁという感じ。それは作品の面白さや質とは関係無くて、艦長のセリフじゃないけど波に乗れたかどうかで全然感じ方が違うんだろうと思います。ブログなんかの感想とか凄く評判がいいみたいなので、たぶん私の好みの問題なのかもね……と思います。ネタバレになっちゃうから言及できないですが。

サービス満点の娯楽作なので、映画館で楽しんでほしいなと思います。エロカッコイイにも程があるシェリルのライブシーンと、超ブリブリでキュートなランカのライブシーンは必見です。
スポンサーサイト

己が翼に誇りを持つ者よ。我と共に進め!

マクロスF #25「アナタノオト」 ジェフリー・ワイルダー役

最終回。
「この戦場にいる全ての兵士に告ぐ。バジュラは我々の真の敵ではない。ギャラクシーが、バジュラの女王を乗っ取ったグレイス・オコナー達こそが我らの真の敵だ。」そしてタイトルのセリフです。

バジュラ(ヴァジュラかと思ってた)、ボーグみたいなものなのかね?スタートレックヴォイジャーでいうところの。
30分で詰め込んで終わらせるなんてもったいない感じがした。なんか、歌に比重が行き過ぎてて。ダイジェスト版みたいな印象。そして映画化ですか。なるほど。

※2009年11月追記

映画公開直前ということで加筆追記してきましたが、これで最後。

やっぱり最後決戦の地にクォーターが駆けつける展開は熱くていいですよね!
映画の展開はどうなるのでしょう?改めてまとめて観ると、やっぱり面白い作品なので楽しみです。

「莫迦が飛んでくわ」ってシェリルのセリフ、いいね。

我々がやるしかない、ついて来てくれるかねモニカ君

マクロスF #24「ラスト・フロンティア」 ジェフリー・ワイルダー役 三島といる政府関係の誰か役

毎度兼ね役の表記がおかしくてすみません。
モニカ君可愛いよなぁ、頬染めて。
ついてきてくれるかね、なんて言われてーなー素敵艦長に。

※2009年11月追記

グレイスの野望が判明する。彼女の歪んだ復讐と熱情も透けて見える。

ドクターマオの孫娘がシェリルだったんだね。あのイヤリング。

バジュラとの戦いで疲弊が激しく、生態系も著しく破壊されてしまったフロンティア船団は、安住の地としてバジュラの母星を奪う為、シェリルの歌声と共に総攻撃を仕掛ける。

ここからが正念場だな

マクロスF #23「トゥルー・ビギン」 ジェフリー・ワイルダー役

今回はこの一言だけ。相変わらず渋くて素敵。

※2009年11月追記

マクロスクォーターと行動を共にしなかったアルトは、シェリルとのんきにラブラブ生活。けれどそれは死の谷を見つめながら崖っぷちを走るように不安定な幸福。ランカとブレラはバジュラの母星に辿り着く。

前回のオズマからも今回の兄弟子からも「なりゆきまかせ」だと指摘されるアルト。本当に仰るとおりと思います。バジュラに攫われたランカはやっと記憶を取り戻しました。でもここに辿り着くこともすべてはグレイスの思惑通り。

歌は文化!文化は愛!今のあなたの歌には愛があります!それだけで十分ですよ、私は。

マクロスF #22「ノーザン・クロス」 エルモ・クリダニク役 ジェフリー・ワイルダー役

今回はこのエルモおっちゃんのセリフにジーンときたけど、ジェフリー・ワイルダーにもグッときた。
「我々は現時刻をもって兵隊から海賊に鞍替えする。最初の獲物はこの艦だ!行くぞ野郎ども!」キャー素敵ーついてくー!

※2009年11月追記

また歌い始めたシェリル、彼女の歌声からフォールド波が検出される。

また政府にとりあげられちゃうね、報われないエルモのおっちゃん。でもエルモもジェフリー艦長もカッコイイです。
「悪いが俺は大人じゃなくて男なんだよ」とオズマ。そりゃボビーでなくとも惚れるわ。

犠牲はあまりに大きすぎた

マクロスF #21「蒼のエーテル」 ジェフリー・ワイルダー役

※2009年11月追記

混乱に乗じて大統領を暗殺した三島は、バトルフロンティアにて最高権力の座に就く。しかし戦況は悪化の一途。ルカの提案によりフォールド爆弾を使用した作戦が行われる。

このフォールド爆弾の威力、恐ろしい兵器です。

あのカワイイ謎の生物アイくんの正体が明らかになり、ランカはブレラと旅立つことに。
ランカはただアイくんを故郷に帰してあげたくて、バジュラに気持ちを伝えたくて。ランカの背負うものは、とてもじゃないけどアルトなんかに理解できるはずもなく。
「歌わなくていい」と言ってくれたブレラ。望みを叶えてやると言ってくれる。二人の記憶はまだ戻っていないのに、絆というものはこれほど強いのかと、ブレラの行動に胸打たれます。


銀河の……妖精

マクロスF #20「ダイヤモンド・クレバス」 エルモ・クリダニク役 ジェフリー・ワイルダー役 士官(?)役

ああ、エルモのおっちゃんだー!そうか、今度はシェリルと関わるのね。おっちゃん頑張れー!

※2009年11月追記

三島の側についてオズマとキャシーに銃を向けている士官の一人が大川さん。士官?だよね?

アイランド内部に突如現れたバジュラ。三島の大統領暗殺は一旦は失敗に終わる。シェリルとアルトが一緒に居るところに現れ動揺していたランカ。そんな彼女の歌声は、何故か火に油を注ぐことに。
避難シェルターでナナセの看護をしていたシェリルは、人々の嘆きの中、歌を取り戻す。

クラン告白の回ですよ。そして……ミシェルは確かな愛をやっとその手にしたんだと思います。

ぶっ倒れてでもフォールドまでには絶対間に合わせます

マクロスF #18「フォールド・フェーム」 作業員役 ジェフリー・ワイルダー役

※2009年11月追記

わぉ、本文すら書かなかったか。

自分を閉じ込めてランカを売り出すグレイスに詰め寄るシェリル。フロンティア政府は船団規模の超長距離フォールドをランカを使った作戦で実行しようとしていた。一方、シェリルの薬を調べていたミシェルとクランは、彼女がV型感染症だという事実に衝撃を受ける。

もう話はシリアスな展開の連続だよねーこの辺になると。

対空迎撃!

マクロスF #17「グッバイ・シスター」 ジェフリー・ワイルダー役

星間飛行なオープニング。
艦長といいオズマといい、やっぱ男は熟成されて風味が増すね。
とりわけ戦場においては。

ランカちゃん、ようやくここまで来たのにィうああーー!!

マクロスF #16「ランカ・アタック」 エルモ・クリダニク役 ジェフリー・ワイルダー役

徳川さんの前でやけ酒のおっちゃん。そうだよねー、三島に裏工作で潰されて妨害されても頑張ってきたのにね、おっちゃん。よし、呑もう!うんうん。

※2009年11月追記

政府の依頼でランカに張り付くブレラが面白くないアルト。ランカのマネージメントもエルモからグレイスに。そしてランカ・アタックの実験が行われる。

相変わらずイラつき男だなぁ、アルト。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008-2013 atoyuki. ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。